読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アトピー性皮膚炎

最先端でおしゃれ!本当に使える加湿器balmuda rain

湿度を調節するのは、健康のためにも美容のためにも大切です。ちょうどよい湿度50%を維持する為に加湿器は必要不可欠です。でも、加湿器はお手入れが大変であったり、効果がいまいちだったりと選ぶのが難しいですね。RAINは今までの加湿器の常識を覆す画期…

アトピー性皮膚炎と闘うための記事のまとめ

アトピー性皮膚炎は子供の時に発症し、再発を繰り返す皮膚の病気です。最近は、子供だけではなく、大人になってから症状があらわれることの増えてきています。アトピー性皮膚炎は正しい治療を続けると、大体は良い方向へ向かっていきます。正しい知識を持っ…

アトピー性皮膚炎のいろいろな治療法のまとめ

アトピー性皮膚炎の治療法は、「保湿」「ステロイド外用薬」「原因となる因子の除去」の3本柱が基本です。重症化した時には、紫外線療法などこれ以外の治療法の選択があります。また、併用して使用すると効果が期待できる漢方薬もあります。アトピー性皮膚炎…

アトピー性皮膚炎でもメイクを楽しむための記事のまとめ

アトピー性皮膚炎だからと言って、メイクをあきらめる必要はありません。適切なスキンケアを行って肌を健康な状態に保っていたら、メイクを怖がる必要などないのです。健康な肌を保つためのスキンケア用品やメイク用品の選び方の記事をまとめました。

アトピー性皮膚炎の人のためのパッチテストの方法

アトピー性皮膚炎の人は新しい化粧品や基礎化粧品を選ぶときに、肌にアレルギー反応が起こらないか不安に駆られていることでしょう。アトピー性皮膚炎でアレルギー体質の人には、新しい商品を使い始める前にパッチテストをすることをお勧めします。パッチテ…

アトピー性皮膚炎のための美容液の作り方

こんにちは、Dr.komakoです。 アトピー性皮膚炎の人は肌の角質層が崩れて、バリア機能が低下しているわ。それは、角質層内部の水分が足りなくなっているからよ。アトピー性皮膚炎の人は角質を潤し、角質細胞をつなぎ止めているセラミドが生まれつき少ないの…

アトピー性皮膚炎のための化粧水の作り方

こんにちは、Dr.komakoです。 アトピー性皮膚炎の人は、肌バリア機能が低下して肌は乾燥しがちな状態になっていまるわ。だから、普段のお肌のお手入れはとても大切よ。特に化粧水は肌の潤いを保つために最も大切なアイテムね。世の中には、アトピー性皮膚炎…

アトピー性皮膚炎におすすめ!マルセイユ石鹸の作り方

アトピー性皮膚炎の治療の基本は、スキンケアです。スキンケアの基本は、洗顔です。いかに優しく、しっかりと汚れを落とし、かつ必要な潤いを奪わない洗顔料で洗うことが大切になります。一番お勧めなのは、自然素材だけで作られた「マルセイユ石鹸」です。…

アトピー性皮膚炎でもメイクを楽しめる?アトピー性皮膚炎の化粧品の選び方

こんにちは、Dr.komakoです。 アトピー性皮膚炎の人は肌のバリア機能が壊れやすく、ちょっとした刺激でも炎症を起こしてしうわ。その為に、メイクを楽しむ事をあきらめている女性は多いのではないかしら。大人のアトピー性皮膚炎は顔に症状が出やすいわ。で…

アトピー性皮膚炎|皮膚のかゆみの対処法

こんにちは、Dr.komakoです。 アトピー性皮膚炎は強いかゆみが特徴的な症状よ。でも、皮膚をかいてしまうと傷つけて炎症を起こしてしまい、症状を悪化させてしまうわ。アトピー性皮膚炎の症状が出ていなくても、何らかの肌の刺激によってかゆみがおこり、か…

アトピー性皮膚炎の再発

アトピー性皮膚炎はふとしたきっかけで再発することがあります。再発した時は以前おこしていた時よりも症状が重症化しがちです。アトピー性皮膚炎にかかったことがある人は、再発のきっかけになりやすい事をできるだけコントロールしえ再発を予防しましょう。

大人のアトピー性皮膚炎の治療

大人のアトピー性皮膚炎は一般的には治りにくいといわれています。大人になると皮膚が厚くなるので、ストロイド外用薬も効き目の強いタイプを使う機会が増えていきます。大人になるとストレスも多岐にわたり、再発しやすくなります。

小児アトピー性皮膚炎の治し方

小児のアトピー性皮膚炎の治療は、保湿外用薬での保湿が基本になります。保湿に加えて、重症度に応じてステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬などの薬物療法を行っていきます。学童期では友人関係や受験など日常生活でのストレスが悪化因子になることがあります。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治し方

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は保湿を正しく行うだけで症状が治まることが多いです。保湿で治らないときはステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤で治療しますが、医師の指導のもとで使えば副作用の心配はありません。薬の治療を行っても効果があらわれないときは…

アトピー性皮膚炎の完治とは

アトピー性皮膚炎を完治させてきれいな肌を手に入れたい!アトピー性皮膚炎に悩む人ならみんな思っていることでしょう。アトピー性皮膚炎はよくなったと思っても症状がぶり返したりし、先が見えなくて辛い気持ちになります。では、そもそのアトピー性皮膚炎…

アトピー性皮膚炎の紫外線療法

こんにちは、Dr.komakoです。 アトピー性皮膚炎の紫外線療法とは、皮膚に紫外線を一定時間当て、炎症や細菌感染を抑制する治療法よ。ステロイド外用薬の効果が出にくい患者さんや、重症の患者さんに効果のある治療方法なの。 アトピー性皮膚炎の紫外線療法 …

アトピー性皮膚炎に効果のある漢方薬

アトピー性皮膚炎を漢方薬だけで治療するのはお勧めできませんが、補助的に漢方薬の力を借りるのはとても効果的な治療法だと思います。漢方薬は炎症やかゆみなど一部の症状を改善するのではなく、炎症やかゆみを引き起こしている体全体の不調を改善するお薬…

アトピー性皮膚炎の飲み薬にはどんな種類があるの?

アトピー性皮膚炎の薬物治療では保湿外用薬やステロイド外用薬などの塗り薬が使われます。アトピー性皮膚炎はほとんどの場合保湿と塗り薬の治療で症状はよくなって行きます。しかしまれに、塗り薬だけでは強いかゆみを抑えることができないときなどに、飲み…

アトピー性皮膚炎と環境の改善

アトピー性皮膚炎の治療は、「保湿」・「薬物療法」・「原因や悪化因子の除去」という3本柱で治療を進めていきます。「原因や悪化因子の除去」と聞くと、特定の食品を除去することや、ダニなどを寄せ付けない環境整備が頭に浮かびます。しかし、アトピー性皮…

アトピー性皮膚炎とプロトピック軟膏薬の効果

アトピー性皮膚炎の赤ら顔の治療はステロイド外用薬での治療が難しく、「難治性赤ら顔」と呼ばれていました。プロトピック軟膏は顔や首など皮膚が薄く薬の吸収率が高い場所でも副作用の心配なく使い続けることができ、赤ら顔の症状は劇的に改善するようにな…

アトピー性皮膚炎|ステロイド外用薬の副作用

ステロイド外用薬は副作用が怖いから使いたくないと思っている人はいまだにたくさんいるようです。しかし、アトピー性皮膚炎で使われているステロイド剤は塗り薬の為全身性の副作用をおこすことはまずありません。

アトピー性皮膚炎|ステロイド外用薬の正しい使い方

アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド外用薬でいち早く炎症を抑えて皮膚を健康な状態に近づける必要があります。そのためには、適切な分量と塗り方でステロイド外用薬を使いましょう。

アトピー性皮膚炎|ステロイド外用薬の種類と効果

アトピー性皮膚炎の治療には、ステロイド外用薬の使用は必要不可欠です。ステロイド剤の副作用への誤った情報から、ステロイド剤に抵抗感を持つ人はいまだに多いのが現状です。ステロイド外用薬の正しい知識を持ち、上手に治療に取り入れることがアトピー性…

アトピー性皮膚炎の保湿の仕方

アトピー性皮膚炎の治療では、保湿が最も大切な治療よ。アトピー性皮膚炎の人はセラミドが少なくて、肌のバリア機能が低下しているの。保湿を行うことで肌バリア機能を修復し、ほこりや汗などの刺激でも炎症を起こしにくい肌にするのよ。

アトピー性皮膚炎の治療の進め方

アトピー性皮膚炎の治療では、病気の原因を治療するのではなく、症状に対する治療を行う「対症療法」が中心になるわ。保湿・薬・環境の3つが治療の柱になるのよ。

アトピー性皮膚炎の合併症

アトピー性皮膚炎は目や皮膚の感染症といった合併症をおこすことがあるの。目の合併症は無意識に掻いてしまうことで起こるわ。皮膚の感染症は肌のバリア機能が低下することによっておこるのよ。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状はかゆみを伴う湿疹が特徴よ。症状は急性期と慢性期では現れ方が変わってくるの。また、年齢によっても症状の現れ方は変わってくるわ。

アトピー性皮膚炎の2つの原因

アトピー性皮膚炎の原因は皮膚の構造とアレルギー反応の2つあるの。アトピー性皮膚炎の患者さんは、乾燥しやすい肌構造をしていることが多いのよ。それに加えて、アレルギー反応が炎症やかゆみを起こしているのね。

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるのは皮膚表面で繰り広げられるアレルギー反応の為なの。IgE(免疫グロブリンE)とヒスタミンによって皮膚のかゆみが起こるのよ。

アトピー性皮膚炎とアトピー素因

アトピー性皮膚炎はアレルギーが原因の皮膚病だといわれているわ。アトピー素因という遺伝的な要素が原因として挙げられるの。でもじつは、アトピー素因を持たない人でもアトピー性皮膚炎にかかる可能性があるということが分かってきたのよ。

アトピー性皮膚炎の重症度|重症度の変化と治療法の選択

アトピー性皮膚炎だと診断されたら、重症度の分類を行うの。重症度は最重症から継承までの4段階に分かれていて、「皮膚の状態」「炎症の程度」「患部の広さ」をみて判断するのよ。その時の重症度によって、治療法は変わって行くわ。

アトピー性皮膚炎の診断方法

アトピー性皮膚炎の診断基準はガイドラインで決められているの。症状の強さは点数をつけて決めるわ。症状と、必要な検査を行って、アトピー性皮膚炎の診断をするのよ。

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎は皮膚の失神や炎症が繰り返し起こる皮膚の病気よ。乳幼児に発症して症状を繰り返すわ。最近は大人になってから発症したり、いったん治っていたのに大人になってから再発する人も増えているわ。