読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

子宮筋腫の治療を行うときにこれだけは知っておきたい記事のまとめ

子宮筋腫と闘うためには、病気についての知識が必要です。これだけは知っておきたい知識をまとめました。

子宮筋腫の症状を和らげる漢方薬

こんにちは、Dr.komakoです。 子宮筋腫を直接治す薬はないけれど、子宮筋腫の症状を和らげるのに有効な漢方薬があるの。 子宮筋腫の症状を和らげる漢方薬 漢方薬ってどんな薬? 漢方薬は、中国医学の中の、漢方医学に基づいて処方される臆するのことなの。漢…

妊娠中に子宮筋腫が見つかったら

妊娠中に子宮筋腫が見つかっても、手術は例外を除いて行いません。ほとんどの場合、子宮筋腫があっても無事に出産することができます。

妊娠を希望する人の子宮筋腫の治療

妊娠が先か子宮筋腫の治療が先か、悩んでいる人は多いのではないかしら。妊娠したいと考えている人は、すぐにでも子宮筋腫の治療をすることをお勧めします。

子宮筋腫は不妊の原因になる?

子宮筋腫が不妊の原因になることがあります。不妊をおこす子宮筋腫の種類は決まっています。

子宮筋腫の手術後の生活

子宮筋腫の手術の後はどのように過ごしたらよいでしょう。職場に復帰する時期は?性生活は?なかなか聞けない疑問にお答えします。

子宮筋腫の手術の入院期間はどれくらい?

子宮筋腫の手術を行うときの入院期間は、手術の種類によって変わります。

切らずに治せる子宮筋腫の治療、子宮動脈塞栓術(UAE)とは?

子宮筋腫の新しい治療法に、子宮動脈塞栓術(UAE)というものがあります。子宮動脈を一時的につまらせ、子宮筋腫を壊死させるという治療方法です。

子宮筋腫の全摘出術の方法

子宮筋腫で全摘出手術を行うのは非常にまれです。全摘出手術には2つの方法があります。

子宮筋腫の子宮鏡下手術

子宮筋腫の子宮鏡下手術は、傷ができなくて手術時間も短く、身体の負担が少ない治療方法です。

子宮筋腫の開腹手術

こんにちは、Dr.komakoです。 子宮筋腫の手術を行うときに、最も安全な手術方法は開腹手術よ。お腹を広く開けるから、手術の失敗が少ないし、手術時間も短くて済むの。でも、術後の痛み強くて傷も大きく残るし、入院期間が長くなってしまうわ。 子…

子宮筋腫の腹腔鏡手術の方法

子宮筋腫の内視鏡手術は、とても優れた治療方法です。不妊治療とも相性がいいので、不妊治療を行いたいけど子宮筋腫がある方にはお勧めの手術方法です。

GnRHアゴニストとは?

こんにちは、Dr.komakoです。 GnRHアゴニストという薬は、子宮筋腫を小さくしてくれるの。でも、子宮筋腫の治療として、長期間使われることは無いわ。子宮筋腫の手術前だけに使われる薬なの。 子宮筋腫を小さくしてくれるのに、どうして長期間…

子宮筋腫の手術前に行う準備

子宮筋腫の手術を行う前にはいろいろな準備が必要になります。すべて、手術のリスクを少なくするために必要なことです。

子宮筋腫の手術の種類とメリットとデメリット

こんにちは、Dr.komakoです。 子宮筋腫の手術には、子宮筋腫だけを取り除く「核出術」と、子宮を取り除いてしまう「全摘出術」があるの。「全摘出術」を行うのはとてもまれなケースよ。 「核出術」でも、「全摘出術」でも、お腹を開腹して行う手術…

子宮筋腫の治療:子宮筋腫の治療は経過観察か手術の二者択一です

子宮筋腫の治療には、経過観察か手術しかありません。選択は子宮筋腫の成長や、身体に与える影響を考えて行います。

子宮筋腫の検査:子宮筋腫と診断されるまで

子宮筋腫の検査は問診、内診がメインよ。確定診断が必要ならMRIを行うなど、追加で検査を行うの。

子宮筋腫の症状は?

子宮筋腫は無症状であることがほとんどです。しかし、妊娠に関係するような症状があらわれることもあります。

子宮筋腫の原因は?

子宮筋腫の原因はまだ解明されていません。いくつかの仮説と、女性ホルモンに影響されることが分かっています。

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫は婦人科の病気で最も多い病気です。でも、症状があらわれず、気が付かないことも多いのです。