Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

便秘の原因その6:年齢が原因で便秘になるので高齢者は要注意

こんにちは、Dr.komakoです。 年齢が上がると、便秘になりやすくなってしまうの。食事の量や内容、自律神経や筋肉の衰えが原因になるわ。高齢者の便秘には、腸以外の病気が原因になっている可能性もあるから、注意が必要よ。 便秘の原因その6:年齢が原因で…

便秘の原因その5:女性は便秘になりやすい

便秘に悩んでいる人は、男性よりも圧倒的に女性の方が多いの。これにはちゃんと理由があるのよ。女性ホルモンや食事量、筋肉量、ストレスなど、女性ならではの便秘の原因をご紹介します。

便秘の原因その4:ストレスが便秘の原因になることもある

ストレスが便秘の原因になるってしってた?腸の働きって、心の動きととても密接な関係があるの。お通じのリズムがくるってきたな、と思った時、ストレスを抱えていないかどうか振り返ってみて。

便秘の原因その3:ダイエットも便秘の原因になる!

ダイエットが便秘の原因になることがあるって知っていますか?食事の量が少ないと便の材料が足りなくなり、便意が起こりにくくなります。食事の量が減ることで、便の材料になる食物繊維の摂取量が減ってしまうことも原因になります。

便秘の原因その2:便意を我慢していると便秘になりますよ!

女性は便意を感じても恥ずかしくて我慢してしまうことが多いのではないでしょうか?便意は我慢しているとおさまります。でも、我慢を繰り返していると、便意を感じることができなくなってしまいます。

便秘の原因その1:不規則な食生活

不規則な食生活は便秘の原因になります。便秘に悩んでいる人の中に、早起きが苦手で朝食を食べないという人は多いのではないでしょうか?食事の時間を規則正しくすると、便秘の苦しみから解放されるかもしれませんよ!

便意が起きる仕組みは自律神経と朝食が鍵!

便意を催す仕組みって、実は巧妙な自律神経の連係プレーで成り立っているの。そこに、朝食でスイッチを入れてあげることで毎朝の気持ちいいお通じ習慣ができるのよ。

食べ物が消化・吸収される仕組み~あるおにぎり君の物語~

私たちがおいしく食べたものはどんな仕組みで消化・吸収されていくか知っている?昔学校で習ったかもしれないけれど、おにぎり君と一緒におさらいをしてみましょう。

災害時に発達障害児・者への配慮を忘れないで

こんにちは、Dr.komakoです。 災害時、発達障害を持っている子供やその家族、自身が発達障害を持っている大人は避難生活で大変苦労することになります。外見から障害を持っているとわかりにくい分、周囲からの理解が得られないからです。発達障害の方が災害…

災害時には破傷風に注意が必要です

災害時の怪我が原因で破傷風を発症する可能性があるのを知っていますか?破傷風は傷口から侵入した破傷風菌によって筋肉が硬直する病気で、命が危険にさらされる可能性があります。東日本大震災では、7名の感染者が確認されました。破傷風の潜伏期間は3~21…

避難所での生活でも口腔ケアを忘れないでください

避難所生活では水が足りなかったり、歯磨きの道具がなかったりして口腔ケアがおろそかになりがちです。口の中が汚れていると、お年寄りは誤嚥性肺炎をおこす可能性があります。

避難所での感染症予防対策

たくさんの人が集まり、狭いスペースを分かち合って過ごしている避難所で感染症が発生すると、瞬く間に広がってしまう可能性があります。避難所で発生する可能性のある感染症の予防対策や、感染者が出てしまった時の対応についてお伝えします。

エコノミー症候群を予防する方法

こんにちは、Dr.komakoです。 熊本の震災に遭われた方々には、心からお見舞いを申し上げます。度重なる余震で、避難生活が長引き、心と体の健康を崩してしまわれる方も多いのではないでしょうか。被災された方の健康を保つために少しでも役立つ情報を発信し…

便秘が引き起こす不快な症状

便秘になると、身体のあちこちの不快な症状が出てくるわ。あなたの身体の不調はもしかしたら便秘のせいなのかもしれないわよ。

便の色や形状でわかる病気

突然ですが、あなたは自分の便をじっくり観察したことがありますか?したことがないという人は、是非便チェック習慣をつけることをおすすめします。便をよく見てみると、内臓の声が聞こえてきますよ。

便秘とは?毎日出ていても便秘になっていることがあるって本当?

便秘に悩んでいる人は意外と多くて、市販お薬で対処しているという人も多いのではないかしら。実は「便秘」という病気の定義を取り違えている人も多いの。毎日出ているから大丈夫だと思っている人が便秘である場合もあるし、数日に1回の排便でも、便秘ではな…

自律神経失調症と闘うための記事のまとめ

自律神経失調症に悩む人、まだ自分の不調が自律神経から来ているかどうかも分からないという人のために、自律神経失調症の病気について、治療法についての記事をまとめました。

自律神経失調症の治療方法のまとめ

自律神経失調症は心と体の両面から治療を行っていかなければいけないの。たくさんの治療法の中から、自分がしっくり来るなと思える治療法を探して、根気よく続けて行くと、必ず良い方向へ向かっていくはずよ。

自律神経失調症のためのストレスマネージメント

自律神経失調症を発症してしまう人は、ストレスを感じやすく、ダメージも受けやすい傾向があるようです。ストレスは物事のとらえ方でかなり減らせるものです。ストレスを感じない考え方と、ストレスを素早くリセットする方法をご紹介します。

自律神経失調症にはヨガがおすすめ!その理由は?

こんにちは、Dr.komakoです。 自律神経失調症の人はぜひ生活習慣の中に適度な運動を取り入れてほしいの。運動をするのなら「ヨガ」が特におすすめ。体が固いとしり込みする人もいるかもしれないけど、初心者向けのポーズもあるし、できる範囲でポージングす…

自律神経失調症を改善する入浴方法とは?

自律神経失調症の人にはゆっくりお風呂に入ることをとくにお勧めします。入浴はリラックス効果、血行促進効果、副交感神経を働かせる効果、安眠効果など、身体の調子を整える効果がたくさんあります。ゆっくり湯船につかってオンとオフを切り替えて気分をリ…

自律神経失調症をアロマで改善する方法

副交感神経に働きかけるアロマは、自律神経のバランスを整える効果があるの。ストレスを感じているときは交感神経が高まっているわ。リラックスタイムに副交感神経を高めるアロマを使うと、交感神経の高まりが抑えられ、気持ちが穏やかになって行くのよ。

ストレスをリセットする方法

ストレスがかからないようにするのは難しいけれど、ストレス状態に傾いてしまった心と体を正常な状態にリセットする方法はいくつかあります。「ストレスがかかってるな。」と感じた時は、身体に変調が起こる前にストレスをリセットする習慣を身につけましょ…

期待するのをやめるとストレスは減る

こんにちは、Dr.komakoです。 私たちは知らないうちに他人にいろんなことを期待しているのではないかしら。でも、期待通りに行くことなんてとても少ないわ。期待を裏切られることって、大きなストレス源になるの。でも期待するのをやめると、気持ちがとても…

人と比べなければストレスはたまらない

他人と自分を比較して劣等感を抱いてしまうことはありませんか?でも、そもそも人と比べることに何か意味があるのでしょうか。

人生の主導権を握るとストレスに強くなる

「人生の主導権を握る」 「自分の人生なんだから自分が主導権を握っていて当たり前でしょ。」という声が聞こえてきそうですが、あなたは自分の人生の主導権を握っていますか?

ストレスとはなにかを考えてみましょう

こんにちは、Dr.komakoです。 ストレスという言葉を知らない人はいないでしょう。でも、同じ環境にあって、同じようなストレスを受けているはずなのにストレスを感じる人と感じない人がいるわ。「ストレスとは何か?」を冷静に分析してみると、その謎がとけ…

自律神経失調症を改善する食事

自律神経を整えるには、食事のバランスがとても大切です。とくに、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムは積極的に取りいれたい栄養素です。

適度な運動は自律神経の働きを整えてくれます

自律神経失調症で苦しんでいる人に運動をすすめると、「体がこんなにつらいのに運動なんてできるはずがない!」と怒られてしまうかもしれません。でも、適度な運動は身体の予備能力を高め、自律神経の乱れに対する抵抗力を高めてくれます。

自律神経失調症を改善するための生活リズムの整え方

自律神経失調症はストレスと生活リズムの乱れが原因で起こります。ストレスをすぐになくすのは難しいのですが、生活リズムを整えることは今すぐにでも取り掛かれるのではないでしょうか。ちょっとした心がけで少しずつ生活リズムを整えていきましょう。

自律神経失調症は音楽療法でリラックスすると楽になります

こんにちは、Dr.komakoです。 音楽には心を癒す効果があるの。音楽は感情に直接働きかけ、高ぶった気持ちを落ち着かせ、悲しい気持ちを和らげてくれるわ。自律神経が乱れがちの人は音楽の癒し効果を利用してリラックスする時間を持つと症状が楽になるのよ。 …

自律神経失調症によく効く漢方薬

自律神経失調症の治療と漢方薬はとても相性が良いです。漢方薬は症状にピンポイントに効くものではなく、体全体のバランスを整えることで症状を改善していきます。

自律神経失調症は自律訓練法でリラックスして治す

自律訓練法は自律神経失調症の心理療法の代表選手だといっても良いでしょう。自律訓練法は自己暗示を用いて筋肉の緊張をほぐし、中枢神経や脳の機能を調節し、本来の健全な状態に近づけて行く治療法です。

自律神経失調症は交流分析で対人ストレスを改善して治す

ストレスの中でも最も多く、もっとも対処方法が難しいのが対人ストレスではないでしょうか。自律神経失調症の人は、対人ストレスを抱えやすい傾向があります。交流分析は自分が他人と交流するパターンを分析し、性格のひずみや問題がある対人交流の持ち方を…

自律神経失調症の原因を改善する認知行動療法

自律神経失調症になりやすい人は、物事のとらえ方にゆがみやずれがあって、ストレスをためやすい傾向があります。こういった物事のとらえ方やゆがみ、ずれを自覚し、修正していく精神療法が「認知行動療法」です。

自律神経失調症を癒す簡易精神療法

自律神経失調症の症状には、不安や緊張、ストレスなどの心理的な問題が隠れています。心理療法は医師と患者さんが協力して症状の背景にあるストレスに向きあっていく治療法です。簡易精神療法は心理療法の中でも最も基本的で、一般的に行われる治療方法です。

自律神経失調症に効く薬

自律神経失調症の治療では、まず薬物療法がおこなわれます。抗不安薬や睡眠薬など、いままで飲んだことの無い種類の薬に不安を覚える人も多いでしょう。自律神経失調症に使われる薬は医師の指示にしたがって服用していれば、重篤な副作用の心配はいりません…

自律神経失調症の治療と治療への心構え

こんにちは、Dr.komakoです。 自律神経失調症の治療は、症状を和らげるための治療、精神面への治療、生活指導の3つの方法を組み合わせて行うの。自律神経失調症の治療は時間がかかること、自分の力で治そうと努力する必要があることを理解しておいてね。 自…

自律神経失調症の診断はどうやってつけるの?

あなたの身体におこっている不調が自律神経失調症によるものなのかどうかは、問診や様々な検査を行えばわかります。ただ、自律神経失調症を視野に入れた検査は内科の病院ではあまり実施していません。自律神経失調症の診断を受けるためには心療内科を受診し…

生活習慣が乱れるとなぜ自律神経が乱れるのか

自律神経失調症の原因は、ストレスと生活習慣の乱れです。生活習慣が乱れると、なぜ自律神経まで乱れてしまうのでしょうか。その秘密は、視床下部の働きにあります。

自律神経とストレスの関係とは?

自律神経はストレスととても深い関係があります。喜怒哀楽を表現できず抑制したり、長期間ストレスにさらされていると、自律神経の働きに悪い影響が起こるのです。

自律神経とは?どんな働きをしているの?

自律神経という言葉をよく聞きますが、どんな神経でどんな働きをしているのでしょう。自律神経失調症と向き合うために、自律神経についての理解を深めてみましょう。

自律神経失調症は何科の病院へ行けばいいの?

自律神経失調症かもしれないと思ったら、何科の病院に行けばいいのか。多くの患者さんが抱える疑問です。自律神経失調症の治療で最も避けたいことは、症状に隠れている重大な病気を見落とすことです。他の病気との鑑別を行って初めて自律神経失調症を治療す…

自律神経失調症とまぎらわしい心の病気

うつ病の初期に身体的な不調を訴えることがあり、症状が自律神経失調症とよく似ています。大変まぎらわしく、自律神経失調症と診断されていても後からうつ病に診断名が変更されることもあります。

自律神経失調症と心身症はどう違うの?

心身症も自律神経失調症も、ストレスなどの精神的な問題が病気の原因になることでは共通しています。心身症と自律神経失調症とでは、症状の現れ方に違いがあります。

自律神経失調症とまぎらわしい身体の病気

自律神経失調症と重大な病気の初期症状がとても似ていて紛らわしく、自己判断で自律神経失調症だと思い込んでしまって治療が遅れることがあります。自律神経失調症と診断するためには、身体の病気が隠れていないかどうかしっかりと診断する必要があります。

「過換気症候群」「心臓神経症」など病名の付く自律神経失調症

こんにちは、Dr.komakoです。 「過換気症候群」「心臓神経症」「不整脈」「過敏症腸症候群」といった病名を聞いたことがある人は多いのではないかしら。これらの病気も実は自律神経失調症なのよ。自律神経の乱れが原因で起こっている症状だから、根本的な治…

自律神経失調症の症状|体と心に現れる不調

自律神経失調症の症状は「全身に現れる症状」「器官に現れる症状」「精神に現れる症状」の3つに分類することができます。自律神経失調症の症状はとても多彩です。あなたを悩ませている体や心の不調は、自律神経失調症のせいではありませんか?

自律神経失調症になりやすい人の体質と性格

同じ環境に置かれても、自律神経失調症を発症する人としない人がいます。生まれつき自律神経が乱れやすい体質であったり、ストレスを感じやすい性格の人は、自律神経失調症にかかりやすいといえるでしょう。

自律神経失調症の2つの原因とは?

自律神経失調症は、「ストレス」「生活リズムの乱れ」が原因です。ストレスや生活リズムの乱れがどのように自律神経に影響を与えるのか考えてみましょう。