読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アルコール依存症とうつと自殺の関係

こんにちは、Dr.komakoです。

 

アルコール依存症と、うつ病、そして自殺とは、密接な関係があるといわれているわ。

アメリカの研究では、アルコール依存症の人がうつ病になる確率は、アルコール依存症でない人と比べて3.9倍高いという結果が出ているわ。

 

アルコール依存症とうつと自殺の関係

 

f:id:komakosensei:20150517173920j:plain

アルコール依存症とうつ病が合併する4つのパターン

  1. アルコール依存とうつ病を引き起こすストレスや原因が同じ
  2. 長期間の大量飲酒によってうつ病を発症した
  3. うつ病患者が抑うつや不安、不眠の解消のため飲酒を行い依存症になった
  4. アルコールの離脱症状の症状としてうつ病を発症した

3はうつ病が先行して発症しているから、一次性のうつ病、2と4はアルコール依存症によってうつ病が発症しているから、二次性のうつ病と呼ぶわ。

 

一次性のうつ病では、うつ病の治療を優先的に行うの。抗うつ薬の服用中は、原則的にはアルコールを飲んではいけないわ。うつ病の治療と一緒に、断酒を勧めるわ。

 

二次性のうつ病は、もちろんアルコール依存症の治療を優先的に行っていくわ。断酒を進めるとともに、必要に応じてうつ病の治療薬を服用することがあるわ。

 

 

komakosensei.hatenablog.com

 

アルコール依存症と自殺の関係

自殺とうつ病には、深い関係があるということは知られていることだけど、うつ病の次にアルコールや薬物の依存症の人が自殺する確率が高いの。

 

アルコール依存症の人は、仕事や家族を失って、絶望感に苛まれている人が多いわ。そういった孤独や将来への絶望が、アルコール依存症の人を自殺に追い込むのね。

 

飲酒と自殺の関係

アルコール依存症ではなくても、飲酒は自殺のリスクを高めるわ。自殺未遂で救急搬送された人が、アルコールを飲んでいたということはよくあることなの。自殺者の血液から、アルコールが検出される割合は、全体の32.8%よ。

 

アルコールが自殺の引き金になるのには、次の4つの要因が考えられるわ。

 

  1. 飲酒が絶望感、孤独感、憂うつ気分といった心理的苦痛を強くする
  2. 飲酒が自分に対する攻撃性を高める
  3. 飲酒が死にたい気持ちを行動化するきっかけを作る
  4. 飲酒が視野を狭めるため、自殺しないための対処方法を考えられなくなる

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 スポンサードリンク

   

 関連記事

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 あわせて読みたい記事

アルコール依存症の治療におすすめの本5冊 

あるアルコール依存症女性の生涯 

アルコール依存症ってなに?単なる酒飲みと依存症の境界線とは 

あなたはアルコール依存症?アルコール依存症チェックリスト 

女性が危ない!女性のアルコール依存症とは 

アルコール離脱症状 断酒を邪魔してアルコール依存症へ導くアルコール離脱症状とは 

アルコール依存症の治療 断酒は必要なの? 

アルコール依存症と性格 酒におぼれる心理状態とは 

家族がアルコール依存症になったらどうしたらいいの? 

アルコール依存症とコルサコフ症候群 アルコールによって奪われる記憶 

アルコール依存症とうつと自殺の関係 

アルコール依存症の薬 薬物療法の有効性は? 

アルコール依存症の治療の進め方