読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

声優のアイコと解離性同一性障害 「別人格がやった」という言葉に隠された障害とは?

コラム

 

こんにちは、Dr.komakoです。

 

少し前にこん睡強盗で捕まった「声優のアイコ」が、5回目の公判ではじめて「記憶がないが自分がやった事だと思う。」と犯行を認めたわ。

でも、「別の人格がやった可能性がある。」とも言っているわ。

 

この言葉の背景には、「解離性同一性障害」という病気が隠されている可能性があるわ。

解離性同一性障害」って、どういう病気なのかしら?

 

声優のアイコと解離性同一性障害

f:id:komakosensei:20150514214947j:plain

事件の概要

2014年に目黒区の周辺で、ナンパしたお金持ちの男性に睡眠薬入りのお酒を飲ませてこん睡状態にして、金品を盗むといったこん睡強盗が連続して起こったの。

コンビニでお酒を買う容疑者の鮮明な映像が公開されたにもかかわらず、犯人はなかなか逮捕されなかったわ。

 

逮捕されたのは、戸籍上は女性だけど、普段は男性として生活している性同一性障害の女性だったわ。

公判中に妊娠していることが判明し、出産するなどなにかとセンセーショナルな事件ね。

公判中に突然「お兄ちゃんは悪くありません!」と、小さい子供のような声で叫んだこともあり、「拘禁反応か?」「策略か?」と話題になったわね。

 

5回目の公判で「事件についての記憶はありませんが僕がやったことだと思います。」とのべ、その理由を「5件目の事件の証拠開示の記録に、ボクそっくりの防犯カメラの写真があったこと。一番は留置場で乖離を起こして別人格になってしまったことが多々あり、ほかの人格で犯行を行ってしまった可能性があると思い始めた」と話しているわ。

 

この話から、この容疑者は「解離性同一性障害」の可能性が高いと考えたの。

 

解離性同一性障害とは?

解離性同一性障害というのは、言い換えれば「多重人格」と呼ばれている病気なの。

一人の人間が突然別の人格になって、勝手に行動し、もとの人格はその間の記憶がない、というようなことが起こるわ。

 

一人の人間の中に、いくつかの人格があると解釈されているけれど、ニュアンスが少し違うの。

一つの人格が分断されて、たくさんの人格に分かれてしまっているのよ。

もともと一つの人間がいくつかの人格に分断されているから、一つ一つの人格は不安定で薄っぺらいわ。別人格が現れている間の記憶はない事が多いから、混乱しやすいし、生活もしずらいわ。

 

解離性同一性障害は、人格がいくつかに分かれていること自体よりも、そのことで起こる人格の不安定さ、希薄さ、混乱しやすく生活しにくいといったことが問題になるの。

 

解離性同一性障害の原因

解離性同一性障害の原因は、今のところ幼児期の人格の形成が未熟な時期に、虐待やいじめなどの強いストレスがかかったことによっておこるといわれているわ。

 

虐待は、本来ストレスを受けた時に逃げ込む場所である親から受けた暴力やネグレクトを受けるわ。その時のストレスを一人で抱え込むことができなくて、ストレスを受け止める役割の別人格を作り出してしまうのよ。

 

原因は、他にもいろいろあって、いろいろな要因が重なっておこる障害よ。原因を探っていくと、一人一人ちがってくるわ。

 

解離性同一性障害の治療

解離性同一性の治療は、一昔前はカウンセリングによって複数の人格を一つにまとめることを目指していたわ。

でも今は、異なる人格同士を結び付け、人格の不安定さや希薄さを解消して、分かれている記憶や体験をつなぎ合わせていくことを目指しているの。

 

それぞれの人格にカウンセリングを行って、それぞれの人格の話を受け止め、それぞれの人格が受け持ってきた苦しみを受け止めて、人格同士の境界線を薄めて行くの。

 

   

 

 

komakosensei.hatenablog.com