読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

子宮体がんはどんなふうに進行するの?子宮体がんのステージとは?その生存率は?

子宮体がん

こんにちは、Dr.komakoです。

 

子宮体がんは、子宮頸がんに比べると、進行のスピードは若干遅い印象があるわ。
でも、個人差があるのも確かなの。
子宮体がんはどんなふうに進行していくのかしら?

 

子宮体がんはどんなふうに進行するの?子宮体がんのステージとは?その生存率は?

f:id:komakosensei:20150412205644j:plain

■子宮体がんのステージ


子宮体がんは、進行の程度によって、Ⅰ~Ⅳ期にステージを分けているの。
できるだけ早い段階で見つけたほうが、生存率も高くなるわ。

 

■子宮体がんのステージⅠ

http://ganportal.jp/


がんが子宮の体部だけにある状態よ。そのなかでも、ⅠA期とⅡB期に分けているの。
ⅠA期:がんが子宮の筋肉の層の半分以下にしかない状態
ⅠB期:がんが子宮の筋肉の層の半分以上に広がっている状態

Ⅰ期の5年生存率は87%よ。できるだけこの時期までに見つけて治療しておきたいわね。

 

■子宮体がんのステージⅡ

http://ganportal.jp/


がんが子宮の体部を超えて、子宮の頸部に広がっているけれど、子宮の外には出ていない状態よ。

Ⅱ期の5年生存率は76%よ。子宮の外に広がっていなければ、転移や再発の可能性は少なくなるわ。

 

■子宮体がんのステージⅢ

http://ganportal.jp/


がんが子宮の外に広がっているけれど、骨盤の外には出ていない状態よ。子宮付近のリンパ節に広がっていても、Ⅲ期になるわ。Ⅲ期はさらに細かく、4つに分類されるわ。
ⅢA期:がんが子宮の外の膜や骨盤の腹膜、卵巣の卵管に広がっているもの
ⅢB期:腟や子宮の周りの組織に広がったもの
ⅢC1期:骨盤のリンパ節に転移があるもの
ⅢC2期:骨盤のリンパ節への転移があってもなくても、傍大動脈リンパ節に転移しているもの

Ⅲ期の5年生存率は51%、転移が広い範囲ほど、治療が難しくなってくるわ。

 

■子宮がんのステージⅣ

http://ganportal.jp/


がんが骨盤を越えて別の部位へ広がっていたり、膀胱や腸の粘膜に広がっていたり、子宮以外の別の臓器への転移(遠隔転移)がある状態よ。Ⅳ期はA期とB期に分かれるわ。
ⅣA期:膀胱や腸の粘膜までがんが広がっているもの
ⅣB期:腹腔内や足の付け根(鼠径部)のリンパ節転移を含む遠隔転移があるもの

Ⅳ期の5年生存率は19%、とても厳しい数字になるわ。

 

■子宮体がんの早期発見のために


子宮体がんは、割と早くから症状が現れるの。
子宮体がんの症状について、くわしくはこちらを見てね。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

定期的に、子宮体がんの検査を行うことも大切よ。
ふつう、子宮がん検診と言ったら、子宮頸がんの検査をさすことが多いの。40代を過ぎたら、子宮体がんの検査も一緒に受けてね。

 スポンサードリンク

   

関連記事

がん保険は必要?乳がんの症例を通じて医療保険とがん保険を比較してみました

がんを治す食事 がんを消すために食事療法9か条

子宮体がんってどんな病気?近年増えている怖い病気の正体とは

子宮体がんの原因ってなに?更年期との関係は?

子宮体がんのサインを見逃すな!子宮体がんの症状とは?

子宮体がんはどんなふうに進行するの?子宮体がんのステージとは?その生存率は?

子宮体がんの3つの手術方法とよくおこる合併症

子宮体がんの化学療法(抗がん剤治療)の方法と副作用

子宮体がんの放射線治療と副作用

子宮体がんでも出産できる?子宮体がんのホルモン療法で子宮温存した時の効果とリスク