読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

子宮筋腫の手術前に行う準備

子宮筋腫

こんにちは、Dr.komakoです。

 

子宮筋腫の手術を行う前には、いろいろな準備が必要なの。できるだけ、手術のリスクを低くするために、必要なことなのよ。子宮筋腫の手術前の準備には、少し時間がかかってしまうこともあるわ。必要性をよく理解して、前向きに取り組みましょう。

 

子宮筋腫の手術前に行う準備

f:id:komakosensei:20150823112208j:plain

貧血の治療

子宮筋腫によって月経過多になっていると、貧血を合併していることがあるわ。子宮筋腫の手術では、多かれ少なかれ出血が起こる可能性が高いの。それに、貧血がひどいと、麻酔を打った時に血圧が不安定になってしまうことがあるわ。

 

貧血で血流が少ないと、傷の回復も遅くなってしまうわ。

 

子宮筋腫の検査を行った時に、ヘモグロビンの値が11/dl以下だった人は、鉄剤を飲んで貧血の治療を行うの。鉄剤の効果がなかなか出ないときは、GnRHアゴニストという薬を飲んで月経を止めながら鉄剤を飲んで貧血を改善していくのよ。

 

貧血を起こす月経過多についての記事はこちら

 

komakosensei.hatenablog.com

 

子宮筋腫を小さくする

筋腫が大きければ大きいほど、出血が多くなって手術のリスクは高くなるわ。手術前にはGnRHアゴニストという薬を飲んで、筋腫を小さくしておくの。

子宮内膜を薄くする

子宮鏡下手術を行うときには、あらかじめ子宮内膜を薄くしておくの。子宮内膜が厚いと、子宮鏡から子宮の内膜が見えにくくなってしまって、手術のリスクが高くなってしまうの。

 

子宮内膜を薄くする治療は、GnRHアゴニストを使うの。効果が出るまでには、2~3か月かかってしまうわ。

合併症を治療しておく

高血圧や糖尿病の症状がコントロールされていないと、手術のリスクが高くなるの。子宮筋腫の検査で初めて内科の病気にかかっていることが判明することもあるわ。手術のリスクを高める内科疾患が見つかったら、先に内科の病気をコントロールしておく必要があるわ。

 

婦人科のお医者さんと内科のお医者さんに連携を取ってもらって、前向きに治療を行っていってね。

輸血に備えておく

核出手術を行うときには、出血が多くなって輸血が必要になることがあるの。とくに、癒着がひどい時や筋腫が大きい時は要注意よ。

 

あらかじめ出血のリスクが高いとわかっているときは、手術前に自分の血液を採取しておいて自己輸血の準備をしておくの。自己輸血は、貧血が改善していないときは行うことができないわ。

あわせて読んで欲しい記事はこちらです。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

スポンサードリンク

 

   

あなたにおすすめの記事

子宮筋腫ってどんな病気? 

子宮筋腫の原因は? 

子宮筋腫の症状は? 

子宮筋腫の検査:子宮筋腫と診断されるまで 

子宮筋腫の治療:子宮筋腫の治療は経過観察か手術の二者択一です 

子宮筋腫の手術の種類とメリットとデメリット 

子宮筋腫の手術前に行う準備 

GnRHアゴニストとは? 

子宮筋腫の腹腔鏡手術の方法 

子宮筋腫の開腹手術 

子宮筋腫の子宮鏡下手術 

子宮筋腫の全摘出術の方法 

切らずに治せる子宮筋腫の治療、子宮動脈塞栓術(UAE)とは? 

子宮筋腫の手術の入院期間はどれくらい? 

子宮筋腫の手術後の生活 

子宮筋腫は不妊の原因になる? 

妊娠を希望する人の子宮筋腫の治療 

妊娠中に子宮筋腫が見つかったら 

子宮筋腫の症状を和らげる漢方薬 

子宮筋腫の治療を行うときにこれだけは知っておきたい記事のまとめ