読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

橋本病でも保険に加入できる?

甲状腺の病気

こんにちは、Dr.komakoです。

 

とつぜんだけと、あなたは医療保険に入っている?

20代や30代の若い世代で、特に独身の人は、保険に入っていない人が結構いるの。まだ病気にかかることを想定していないからなのね。でも、病気は突然やってくるものよ。

 

橋本病は若い世代でもかかることが多い病気よ。

病気になってから保険の大切さに気が付くことが多いの。橋本病になっても、保険に入ることができるのかしら?

 

橋本病でも保険に加入できる?

f:id:komakosensei:20150423214733j:plain

保険の種類にはどんなものがあるの?

病気に関する保険には、入院した時に保障がおりる医療保険、がんの治療に特化した保障内容のがん保険、亡くなった時に遺族に支払われる生命保険があるわ。

 

今回は、医療保険についてのお話をするわ。

 

医療保険の中にも3つの種類があるの。

  • 一般の保険:主に健康な人を対象にした医療保険よ。保険料が安くて、終身保障のものなどたくさんのバリエーションがあるわ。健康についての告知が必要で、医師の診断書が必要なこともあるわ。
  • 限定告知型保険・引受基準緩和型保険:一般の保険に比べて健康に関する告知の条件が緩やかなの。だから、持病を持っている人でも入りやすいのよ。保険料が一般の保険に比べて割高になっていることがあるわ。それに、持病に関しては補償対象外になることがあるの。
  • 無選択型保険:健康告知が必要のない保険なの。持病があって保険に入れない人でも入ることができるわ。保険料は割高で、給付金は少ないし、持病に関しては保障されないことが多いわ。

健康告知で橋本病だと申告しないといけないの?

告知っていうのは、保険の契約をするときに、過去の怪我や病気、今の健康状態や障害の状態、職業などについて、保険会社から告知書で尋ねられたことに答えることよ。

 

告知書には正確な内容をこたえる義務があるの。

もし嘘の告知をしたり、病気を隠したら契約を解除されたり、保険金が下りてこないことがあるわ。

 

保険は、たくさんの人がだしあったお金を必要になった人に支払うというシステムで成り立っているの。そのシステムの中に、怪我や病気にかかりやすい人と、健康でなかなか病気にならない人が混じっていたら、不公平でしょう?

 

だから、健康な人は割安な一般の保険に加入するし、持病を持ってしまうと保険料が割高な保険に入るように、リスクによって入る保険の入り口を変えているのよ。

橋本病になるとなぜ保険加入に制限かかかるの?

橋本病は、甲状腺の機能が慢性的に低下する病気なの。甲状腺ホルモン剤の服用が必要になったら、ほとんどの人が一生涯ホルモン剤を飲み続ける必要があるわ。

 

橋本病になると、心臓など、いろいろな臓器にも影響が出てくることになるわ。代謝が落ちたり、精神・神経活動が低下してしまうの。治療によって症状は改善されるけれど、保険に加入するときには、橋本病はたとえ病状が安定していてもリスクとみなされてしまうのよ。

橋本病にかかったらどんな保険を選べばいいの?

橋本病にかかっても、一般の保険に加入できる可能性はあるわ。保険によっては、保険料が割り増しになったり、補償内容に制限がかかることも考えられるけれど、できれば一般の保険に加入しておきたいわよね。

 

保険に加入するときは、

  • 現在の症状
  • 行っている治療
  • 通っている病院の名前
  • 飲んでいる薬の名前

を正確に伝える必要があるの。

 

保険は会社によって保険料や保障内容、告知に対する引受基準が変わってくるわ。ある会社の保険がだめでも、別の会社に申し込んだら加入できたということもよくあるの。

 

まずは、どんな保険があるのか生命保険の資料を一括請求してみるといいわ。

複数の資料が送られてくるから、自分の条件に合った会社に申し込んでみるといいわね。

 

保険は、できれば時間をかけて選んで。

保険ってね、人生の中で「家」「車」の次に大きな出費なの。月々の保険料が安いと思っても、年間いくら払う?生涯いくら払う?と考えてみて。やっぱり納得いかないと思った時には、持病があって変更できないということもあり得るし、年齢とともに保険料は高くなるわ。

 

まとめ

橋本病になると、治療期間の長さや甲状腺ホルモンの低下による心臓や臓器への影響などから、保険の加入が難しくなるの。

 

でも、加入が難しいからと言って、嘘の告知をしては絶対にいけないわ。

せっかく保険に加入していても、告知の仕方が悪くて保険金がおりないということも避けたいわ。

 

保険にはたくさんの種類があって、会社によって一般の保険に加入できる可能性もあるの。

たくさんの資料を請求して、じっくり検討してね。

 

スポンサードリンク

生命保険比較