読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

甲状腺の検査 検査と診断は何科で受ける?

こんにちは、Dr.komakoです。

甲状腺の病気は、症状が分かりにくくて、見逃されてしまうことが多いの。それに、甲状腺の病気はあまり知られていなくて、内科に行くと糖尿病や婦人病などと間違えられることが多いし、物忘れやうつっぽいという主症状で受診すると、うつ病や認知症の診断を受けてしまうことがあるわ。

 

甲状腺の検査 検査と診断は何科で受ける?

f:id:komakosensei:20150614180036j:plain

甲状腺の検査を受ける病院の探し方

甲状腺の病気かな?と思うようなことがあったり、健康診断で喉の腫れを指摘されたら、甲状腺の機能の検査を受けなければいけないわ。

 

甲状腺の検査を受けるのは、総合病院であれば、内分泌化や、内分泌代謝科を受診しましょう。

 

でも、理想的なのは、甲状腺専門医がいる病院で検査を受けることなのよ。

甲状腺専門医のいる病院は、まだまだ少ないけれど、日本甲状腺学会のHPから、最寄りの病院を探すことができるわ。

www.japanthyroid.jp

甲状腺専門医を勧める理由

甲状腺の病気は、体と心の両方に症状が現れるの。治療には、内科的な治療と外科的な治療、時には精神的なカウンセリングが必要になるわ。

 

甲状腺の専門医は、専門的な知識と臨床経験を積んだ、甲状腺治療のスペシャリストよ。患者さんが診察室に入ってきたときの顔色、歩き方、声の様子ですでに病気の診断に必要な情報を得ることができるわ。それに、血液検査やエコー検査などを行う前の触診でも、多くの情報をキャッチすることができるの。

 

甲状腺の病気は、治療期間がとても長いの。

 

一人のお医者さんと、10年、20年と付き合っていくことになるわ。その間に、患者さんは妊娠や出産を経験するかもしれない、更年期の年齢に差し掛かるかもしれない、甲状腺の影響だけではなくて、内科的な病気や、ストレスからのうつ病などの精神疾患を合併するかもしれない。

 

病気が合併すると、症状はさらに複雑になって行くわ。でも、どんな状態になっても、長期間信頼できるお医者さんが自分の事を見てくれていて、適切な対処をしてくれていたら、とても安心するでしょう?

 >>甲状腺の検査内容はこちらの記事をごらんください。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 

   

 

 あなたにおすすめに記事

甲状腺の病気ってなに?あんまり知られていないけど、実は20人に一人は甲状腺の病気にかかっています 

甲状腺の働きと甲状腺ホルモン 

甲状腺の検査 検査と診断は何科で受ける? 

甲状腺の検査 どんな検査があるの? 

甲状腺の腫瘍 結節性甲状腺腫には4つの種類があります 

良性の甲状腺腫の種類と性質とは? 

甲状腺の良性腫瘍の治療方法 経過観察から最新の治療法まで 

甲状腺の腫瘍の検査方法とは 

甲状腺がん 5つの分類とその危険性とは 

甲状腺がんの治療 4つの種類の治療方法と生存率 

甲状腺の病気と出産リスク:誤った認識と実際のリスク 

甲状腺の病気と遺伝:子供に与える影響と注意するポイント 

警告!!甲状腺ホルモンサプリメントは危険!!