読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

禁煙が成功したと言える期間は?

こんにちは、Dr.komakoです。

 

禁煙っていつまで続けたら「禁煙成功!」って言えるんだろう?禁煙を始めた人は気になるところよね。禁煙に成功したっていう目安は、あなたの心の中にあるのかもね。

 

f:id:komakosensei:20160924165535j:plain

禁煙が成功したと言える期間は?

目標は3か月!

タバコを吸うのはニコチンという物質に対する依存症になっているからなの。ニコチンの依存症から脱出するまでの期間は、個人差があるわ。血中のニコチン濃度や、精神的な依存の強さによっても変わってくるの。

 

禁煙に失敗しやすいのは、禁煙の初日から3か月間よ。3か月経てば身体からニコチンは無くなって、禁断症状もかなり治まっているはず。時々「タバコ吸いたいなぁ。」と思っても、禁煙初日のような胸をかきむしるような苦しさではないでしょう。

 

それよりも、3か月も禁煙していたら、身体に訪れる良い変化の方が印象に残るはず。息切れがしない、食事がおいしい、そんな効果を実感して、タバコを吸っていたことを後悔すらするかもしれないわ。

 

禁煙を始めた当初は、タバコを吸いたいという欲求と一瞬一瞬闘う日々よね。でも、1週間もするとひと山越えるはず。1か月禁煙を続けたら、かなり「吸いたい!」という欲求が薄れて、禁煙に対して自信を持てるようになるわ。

 

ところが、1か月から3か月の間って、この「禁煙に対する自信」が失敗のもとになるのよ。

 

自身があるものだから、「1本だけ試しに吸ってみようかな。1本吸っても禁煙を続けられるよ。」とせっかく我慢し続けてきた1本を吸ってしまって、もとの喫煙者に戻ってしまうことがあるのよ。

 

とにかく3か月はなにがあっても煙草を吸わない。

 

これだけは守っていきましょう。

 

タバコから自由になった時が「禁煙成功!」

では、3か月経ったら「禁煙成功!」と言えるのかと言えば、一概にそうだとは言えないわ。

 

「自分にはもうタバコは必要ないな。」という実感があった時、それがあなたの「禁煙成功!」の瞬間よ。

 

ニコチン依存症の間って、ニコチンに脳の手綱を握られているようなものなの。ニコチンから脳を取り返した時、つまり、タバコの呪縛から解き放たれて自由の身になった時が、「禁煙成功!」と言えるの。

 

禁煙を続けていたら、「タバコはもういらない。」と心から思える日が来るわ。その日からあなたは「禁煙」を卒業して、「煙草を吸わない人」になるのよ。

 

「一本だけなら」の誘惑とは一生戦う

でも、残念なことに一度でもニコチン依存症になった人は、たった1本煙草を吸っただけで元の喫煙者に戻ってしまう危険性が高いのよ。

 

一度でもニコチン依存に陥った脳は、ニコチンが入ってきたときの快感を覚えているものなの。1本煙草を吸っただけで、フラッシュバックを起こしてタバコで依存欲求を満たしていた時の感覚が蘇ってしまうのよ。

 

タバコは1本吸えば体内のニコチン濃度が上がってしまうわ。そして、ニコチン濃度を一定に保つために2本目のタバコが欲しくなるの。

 

1本だけのタバコって、存在しないの。

 

「久しぶりに吸ってみようかな。」「今1本吸ってみたらどうなるかな。」そんな、1本だけの欲求は、ニコチン依存症にかかった人には一生ついて回るものなの。でも、別に苦しいものでもなんでもないわ。

 

「お、ニコチンが罠を仕掛けて来たな。」なんて、軽く受け止めて受け流してしまえばいいの。「吸ってみようかな。」という気持ちが沸き起こったからって、昔みたいに「煙草を吸いたい!」という欲求は起こらないのだから。

 

スポンサードリンク