読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

自律神経失調症と心身症はどう違うの?

こんにちは、Dr.komakoです。

 

心身症も自律神経失調症も、ストレスなどの精神的な問題が病気の原因になることでは共通しているわ。心身症と自律神経失調症とでは、症状の現れ方に違いがあるの。

 

 

f:id:komakosensei:20160305153032j:plain

自律神経失調症と心身症はどう違うの?

心身症ってどんな病気?

心身症の定義は「身体疾患の中でその発症の経過に心理・社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態。ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除く。」とあるわ。

 

つまり、ストレスなどの心因が病気の原因になっているの。これは、自律神経失調症と共通していることよ。違うのは、「器質的ないし機能的障害が認められる病態」であるということ。

 

器質的な障害というのは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のように、実際に胃や十二指腸のような臓器に病変ができることよ。

 

機能的障害というのは、頭痛や肩こりのように検査では数値は図れないけれど明らかに身体の機能に異常が起こっている状態のことを言うの。

 

全ての病気はストレスが原因だということもできて、あらゆる病気が心身症だと考えることもできるわね。心身症によく見られる疾患はとてもたくさんの種類があるのよ。

  • 循環器系:本態性高血圧、本態性低血圧、神経性狭心症、一部の不整脈
  • 呼吸器系:気管支ぜんそく
  • 消化器系:消化性潰瘍、潰瘍性大腸炎、神経性食欲不振症、機能性消化不良
  • 内分泌系・代謝系:糖尿病、心因性多飲症
  • 神経系:頭痛、慢性疼痛
  • 泌尿器系:勝活性膀胱、インポテンツ
  • 骨筋肉系:慢性関節リュウマチ、全身性筋肉痛、脊椎過敏症
  • 皮膚系:アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、蕁麻疹
  • 耳鼻科系:メニエール病、めまい、耳鳴り、乗り物酔い
  • 眼科系:原発性緑内障、眼精疲労
  • 婦人科系:月経異常、機能性子宮出血、更年期障害、不感症、不妊症

 

自律神経失調症と心身症の違いは?

先ほども書いたけれど、症状の原因はストレスなどの心因であるということは、自律神経失調症と心身症の共通点よ。症状の現れ方に違いがあるの。

症状の現れ方
  • 心身症:特定の器官に症状が集中する。
  • 自律神経失調症:多数の器官に症状があらわれる。全身症状を伴う。

 

明らかな身体疾患の有無
  • 心身症:明らかな身体疾患がある。症状は一定している。
  • 自律神経失調症:明らかな身体疾患はない。症状は消えたりあらわれたりする。

 

生活習慣や体質の影響
  • 心身症:心因が無く、生活習慣の乱れなどが原因で病態があらわれている場合は心身症ではない。ストレスがあっても身体症状の経過と無関係であれば心身症ではない。
  • 自律神経失調症:心因のほか、生活習慣の乱れが原因になっている。

 

自律神経失調症から心身症へ移行することもある

長期的なストレスや身体の不調は、身体にダメージを与えて何らかの病気を発症する可能性があるわ。たとえば、自律神経失調症でたびたび胃部の不快感という症状があったとするでしょう?この時、実際に胃は胃酸過多などの健康ではない状態になっているの。たびたび胃酸が過剰に出ていると、そのうちに潰瘍を引き起こす可能性があるわ。

 

実際に消化器系の潰瘍になってしまったら、「胃潰瘍」という身体疾患であるという病名がつくわ。この胃潰瘍は、心身症によるものだという診断もつくわね。

 

自律神経失調症は適切な治療で改善しておかないと、重大な病気を引き起こす可能性があるのよ。

 

自分で治す心身症12のヒント―心療内科へ行く前に読む本

自分で治す心身症12のヒント―心療内科へ行く前に読む本

 

 

スポンサードリンク

   

 

おすすめの記事

自律神経失調症の治療方法のまとめ 

自律神経失調症のためのストレスマネージメント 

自律神経失調症にはヨガがおすすめ!その理由は? 

自律神経失調症を改善する入浴方法とは? 

自律神経失調症をアロマで改善する方法 

自律神経失調症は音楽療法でリラックスすると楽になります 

自律神経失調症によく効く漢方薬