読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

花粉症重症度診断|花粉症は重症度で治療方法が違います

こんにちは、Dr.komakoです。

 

自分の花粉症の症状が重症なのか軽症なのか、考えたことがあるかしら?大体の人は、症状から感じる身体の感覚で、重症度を判断しているのではないかしら?実は、花粉症の重症度を客観的に判断する基準があるの。花粉症は重症度によって使う薬が変わってくるのよ。

 

花粉症重症度診断|花粉症は重症度で治療法が違います

 

f:id:komakosensei:20160117120256j:plain

まずは花粉症か風邪かを判断します

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみがある人は、次のチェック項目をチェックしてみてね。

 

  1. くしゃみが一日中続く
  2. 鼻水が黄色くて粘り気がある
  3. 熱がある
  4. 目がかゆい
  5. 毎年同じ時期に症状が出る
  6. 鼻づまりが1か月以上続いている
  7. 喉の痛みがあり、咳や痰が出る
  8. 涙が出る

診断結果

  • 2・3・7が当てはまる人→風邪の可能性が高い
  • 1・4・5・6・8が当てはまる人→花粉症の可能性が高い→重症度チェックへ

 

重症度チェック

A 鼻の症状
  1. ない
  2. 鼻づまりはあるが口呼吸は無い
  3. 鼻づまりが強く、時々口呼吸をする
  4. 鼻づまりが非常に強く、口呼吸をすることが多い
  5. 一日中完全に鼻が詰まっている
B くしゃみや鼻をかむ回数(どちらか多い方)
  1. 0回
  2. 1~5回
  3. 6~10回
  4. 11~20回
  5. 21回以上

診断

無症状→A1、B1

 

軽症→A1、B2(くしゃみ・鼻水型)

   A2、B1(くしゃみ・鼻づまり型)

   A2、B2(くしゃみ・鼻水・鼻づまり型)

 

中等症→A1~2、B3(くしゃみ・鼻水型)

    A3、B1~2(くしゃみ・鼻づまり型)

    A3、B3(くしゃみ・鼻水・鼻づまり型)

 

重症→A1~3、B4(くしゃみ・鼻水型)

   A4、B1~3(くしゃみ・鼻づまり型)

   A4、B4(くしゃみ・鼻水・鼻づまり型)

 

最重症→A1~4、B5(くしゃみ・鼻づまり型)

    A5、B1~4(くしゃみ・鼻づまり型)

    A5、B5(くしゃみ・鼻水・鼻づまり型)

 

重症度別治療方法

軽症

軽症の人は、型に関わらず使うのは第2世代抗ヒスタミン薬か遊離抑制薬のどちらかよ。市販薬なら、エスエス製薬のアレジオン10やロート製薬のアルガード鼻炎内服薬Zが第2世代抗ヒスタミン薬なの。眠くなるなどの副作用が少ないのよ。

 

中等症

中等症のくしゃみ・鼻水型には、

  1. 第2世代抗ヒスタミン薬
  2. 遊離抑制薬
  3. 局所ステロイド薬

をつかうの。症状に併せて1か2のどちらかを選択し、3で鼻水を抑えるの。

 

くしゃみ・鼻づまり型には、

  1. 抗ロイコトリエン薬
  2. 局所ステロイド薬

を使うわ。大体、1と2を併用して症状を抑えるの。

 

くしゃみ・鼻水・鼻づまり型は症状によって薬を選択するわ。

 

重症

重症のくしゃみ・鼻水型の人には、

  1. 局所ステロイド薬
  2. 第2世代抗ヒスタミン薬

の両方が処方されるわ。同時に使って、症状を抑えるの。

 

くしゃみ・鼻づまり型には、

  1. 局所ステロイド薬
  2. 抗ロイコトリエン薬

1と2を同時に使うわ。

 

くしゃみに加えて鼻水も鼻づまりも人いタイプの人は、抗ステロイド薬に加えて第2世代抗ヒスタミン薬と抗ロイコトリエン薬を併用して使うわ。

 

最重症

最重症の人の治療は、重症の人と薬の選び方は一緒よ。鼻水には抗ヒスタミン薬、鼻づまりには抗ロイコトリエン薬を使って、局所ステロイド薬で辛い症状を早く抑えるの。

 

花粉症の治療は、軽症の人も含めて、お医者さんに相談して進めて行ってね。

 

【指定第2類医薬品】ロートアルガード鼻炎内服薬ZII 20カプセル

【指定第2類医薬品】ロートアルガード鼻炎内服薬ZII 20カプセル

 

 スポンサードリンク

   

あなたにおすすめの記事

花粉症の4大症状とは? 

花粉症が起こる時期と原因になる植物 

花粉症が起こるメカニズム 

花粉症の治療薬|アレルギー性鼻炎に効くのはどの薬? 

花粉症の目の症状に効く点眼薬はどれ? 

花粉をブロックするお掃除テクニック! 

花粉症予防グッズの効果的な使い方 

花粉症に効くお茶ランキング! 

花粉症は腸内環境を整えて予防する!