読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

うつ病とは

■うつ病とは

うつ病は、とてもつらい病気です。

心だけではなく、身体にも症状があらわれてくるわ。

 

うつ病っていう病気は、どうして起こるのかしら?

うつ病って、どうやって治したらいいのかしら?

身近な人がうつ病にかかったら、どうしたらいいのかしら?

 

そんなうつ病についての疑問にお答えするわね。

 

 関連記事

うつ病とは

辛いうつ病の3つの原因と、うつ病を引き起こすメカニズム

うつ病の3つの原因とうつ病を疑うときにするべき対処方法

うつ病になりやすい4つの性格

うつ病の分類 典型的な3つの分類と双極性障害、新型うつ病

うつ病の治療はどうすればいい?うつ病の治療に必要な4つの要素

うつ病はどうやってなおる?うつ病治療の進み方

うつ病の急性期に家族ができること

うつ病の回復期に家族ができること

うつ病の維持期に家族ができること

うつ病の当事者の気持ちを理解する為に家族ができること

うつ病の急性期はどんなふうに回復していくの?うつ病の急性期とその回復過程

うつ病の回復期はどんなふうに治療が進んでいくの?うつ病の回復期とその回復過程

うつ病の維持期は治療が必要なの?うぶ病の維持期の病気との向き合い方

■うつ病ってなに?

f:id:komakosensei:20150124184721j:plain

うつ病っていうのは、ストレスなどが原因で、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質の働きが悪くなる病気よ。

 

■うつ病の症状

f:id:komakosensei:20150124221930j:plain


うつ病になると、気分の落ち込み・興味や関心が湧かない・眠れない・落ち着かない・自信がなくなる・思考力の低下・死にたくなるなどの自覚症状が現れるわ。
それに、気分的なことばかりではなくて、体の不調を感じることもあるの。うつ病で感じる身体症状には、食欲不振・倦怠感・肩こり・動悸・胃部不快感・便秘・口渇・性欲減退などがあるわ。
周囲から見ても、表情が暗い・涙もろい・反応が鈍い・落ち着かない・お酒の量が増えたなど、いつもと違った様子を感じることがあるわね。

 >>うつ病の症状についてくわしくはこちらへ

■うつ病の原因

f:id:komakosensei:20150118145512j:plain


うつ病と診断される人は、近年急激に増えてきているわ。その原因の一つは、近年の社会環境や経済状況の影響からくるストレスの増加よね。うつ病は精神的ストレスと身体的ストレスが長期間重なることによって引き起こされることが多いと言われているわ。
それに加えて、うつ病の解釈の仕方が広くなってきているということも考えられるわね。

 >>うつ病の原因について詳しくはこちらへ

■うつ病の種類

f:id:komakosensei:20150118172959j:plain


うつ病には様々な種類があるわ。多くは身体因性・内因性・心因性に分けられるの。でもその中でも様々な分類があって、有効な治療法がそれによって変わってくるわ。
うつ病が増えてきた原因のもう一つに、うつ病という病気が社会に周知され、病院を受診して「うつ病」と診断される機会が増えたことが挙げられるわ。


最近増えている自殺者の多くがうつ病を患っていたと考えらるの。うつ病と思われる自覚症状を感じたり、周囲がいつもと違うと感じたら、すぐに心療内科などの医療機関を受診して、適切な治療を受けてほしいの。

 >>うつ病の種類について詳しくはこちらへ

>>うつ病になりやすい性格って?詳しくはこちらへ

■うつ病の治療

f:id:komakosensei:20150118183919j:plain


うつ病の治療には、抗鬱剤や精神安定剤などの薬物療法がるわ。ほかには、うつ病になりやすい考え方を変えて行くための精神療法や認知行動療法、カウンセリングなど様々な方法があるわね。
典型的なうつ病には薬物療法がとても効果的ね。薬物療法と休養によって大体のうつ病の症状はは改善されていくわ。うつ病が再発しないためには、環境の調整や、うつ病になりやすい傾向を改善するための治療が行われるわ。

 

>>うつ病の治療について詳しくはこちらへ

 

>>家族がうつ病にかかったら?詳しくはこちらへ