読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

自律神経症状を和らげる温熱療法 効果的に行う方法とおすすめグッズをご紹介します

コラム

自律神経症状には温熱療法がおすすめ

 

 

■自律神経症状とは

f:id:komakosensei:20150124185209j:plain

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働き、内臓など生きるために必要な体の機能をコントロールしているの。

交感神経は人が起きて活動しているときに働くわ。

心臓の鼓動、呼吸、内臓の動きを活発にして、日中の活動がスムーズに行えるように働いているの。

副交感神経は、休息するために働くわ。

心臓の鼓動や呼吸、内臓の動きを穏やかにして、良質の睡眠へと導き、明日への活動のために身体を急速に導くの。

 

交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって、人は毎日元気に働いて、疲れてぐっすり眠るというサイクルを保つことができるのよ。

 

でも、自律神経はちょっとしたことで乱れてしまうの。

 

●自律神経を乱す原因
  • ストレス:ストレスにさらされると、交感神経が強く働いて、良質な眠りを妨げるわ。
  • 不規則な生活:昼夜逆転など、毎日の生活が不規則だと、自律神経がいつどうやって働いたらいいのか、困ってしまうのよ。
  • 疾患によるもの:更年期障害、自律神経失調症、うつ病など、何らかの疾患が原因になって自律神経が乱れることがあるわ。

■副交感神経の働きを促す温熱療法

f:id:komakosensei:20150131185836j:plain

交感神経が強く働いていると、体温が血管が収縮して体温が低くなりがちなの。

これでは冷え症や肩こりになってしまうわ。痛みはストレスの原因になって、余計に交感神経を刺激してしまうわね。それに、冷えた体では良質な睡眠はとれないわ。

疲れが取れないと、これもまたストレスになって、交感神経を刺激して、自律神経を乱してしまうわよね。

身体を温めると、血行が促進されて、血管に滞りがちな疲労物質が身体の外へ排出されやすくなるわ。

肩こりなどの体の不調は、血行不良が原因になっていることが多いのよ。

それに、体を温めるとリラックスして、副交感神経が働きやすくなるの。

副交感神経がしっかり働いて、良質な睡眠をとることができたら、明日また、元気に頑張れるわよ。

 

■温熱療法の種類

温熱療法といっても、堅苦しく考えないでね。

お風呂にゆっくりつかるとか、ホットパックで身体を温めるとか、とにかく体を温めて、気持ち良くなればいいのよ。

 

  • 乾熱式:赤外線治療器、光線治療、ホットパック、サウナ、湯たんぽ
  • 湿熱式:温泉療法、蒸気浴、気泡浴、パラフィン浴
  • 転換熱:極超短波治療器(マイクロ波治療器)、超音波治療器

 

■お勧めの温熱療法グッズ

●乾熱式

オムロン赤外線治療器

ヘッドがいろいろな角度に曲がってくれて、調子の悪いところをピンポイントで温めてくれるの。肩こりや腰痛など不調には効果的ね。

 

 

温熱治療器ぽっかぽか

マット式になっているから、使い方はシンプルね。

肩・腰・お腹など、温めたいところに乗せて、横になるだけよ。

膝が痛い人は、座っている時に太ももの上に乗せておくといいわ。

コントローラーが付いているから、横になったまま温度調節ができるわね。

 

遠赤外線温熱治療器サンマット

ベッドマットの下に敷いて、眠っている間に温熱療法ができるの。

ぬるい温泉に浸かっているくらいの温度でゆっくり体を温めるから、自律神経の乱れにはとても良く効くわ。更年期障害に悩む女性や、これから赤ちゃんが欲しいと思っている女性に特におすすめよ。

 

めぐリズム蒸気で温熱シート

40度の心地よい温度が4~5時間続いてくれるの。肩こりなどの辛い痛みがあるところに貼ると、痛みもとれて体中がぽかぽか温まるわよ。

●湿熱式

魔法のバスソルト

ヒマラヤ岩塩配合の魔法のバスソルトは、ミネラルがたっぷり入っていて、身体が芯まで温まるわ。ローズの香りがして、心からリラックスできそうよ。

 

別府明礬温泉湯の花

有名な温泉処別府温泉の天然の湯の花だから、体の芯からあたたまるわ。

お肌もつるつるよ。

 

お風呂の炭

入浴のために作られた炭です。遠赤外線効果で体の芯からぽかぽかよ。

しかも、炭の力で、お風呂はいつも清潔なの。