読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

「MERS」 お隣の国韓国で790人が隔離措置 新型ウイルスMERSってどんな病気?

コラム MERS

こんにちは、Dr.komakoです。

 

ちょっと心配なニュースが耳に入ってきたわ。

お隣の国韓国で新型ウイルスMERSの2次感染によって、2人の方がなくなって、3人の方が3次感染し、790人が感染の疑いで隔離措置を受けているの。

 

MERSは、新型のウイルスよ。どんな症状が起こる病気なのかしら。

危険性は?日本は大丈夫?

 

f:id:komakosensei:20150429183452j:plain

「MERS」 お隣の国韓国で790人が隔離措置 新型ウイルスMERSってどんな病気?

新型ウイルスMERSとは?

正式には、MERSコロナウイルスというウイルスで、中東呼吸器症候群という病気の病原体なの。2003年ごろに中国だ流行ったSERSコロナウイルスに似たウイルスで、肺炎を起こすわ。

 

ヒトコブラクダから発生したといわれるウイルスで、2012年にサウジアラビアで発見されたの。

 

感染国は、サウジアラビアUAEカタール、オーマン、ヨルダン、クウェート、イエメン、レバノン、イランよ。

感染国に旅行した人が感染したのは、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、オランダ、ギリシャチュニジア、エジプト、アルジェリア、マレーシア、フィリピンなどよ。

 

そして今回、バーレーンに滞在した韓国人が、MERSに感染していると気が付かずに帰国して、たくさんの医療機関を受診して感染が確認されたの。

直接MERSに感染している人に接触したことがないから、発見が遅れてしまって、感染が拡大したのよ。

MERSの症状は?

 MERSの症状で共通しているのはとてもひどい呼吸器の症状よ。

発熱、息切れ、呼吸困難がおこって肺炎を起こすわ。

呼吸器の症状と一緒に、多くの人が下痢などの消化器症状を伴っているわ。

 

感染してから症状が現れるまでの潜伏期間は9~12日よ。

MERSの感染率は?

 MERSの感染率は今のところあまり高くないといわれているわ。

一人のMERS患者さんが病気をうつすのは、0.6人と考えられているの。

感染症生殖指数というのだけど、はしかは12人、SERSが5人、エボラ出血熱が2人よ。

ただ、まだ感染者数は限られているし、ウイルスは刻々と変化していくから、この数は今後変わっていくかもしれないわ。

MERSの致死率は?

 MERSの致死率はとても高くて、感染すると40%の人がなくなるといわれているわ。

とくに、幼児や高齢者、糖尿病にかかっている人は症状が重篤になる可能性があるわ。

MERS拡大 日本は大丈夫?

 MERSは今のところ人から人への感染は限定的といわれているわ。

でも、今回の韓国人の感染者は、直接MERSに感染したと思われる人と接していないわ。それに、家族や同じ病室の人が2次感染、3次感染を起こしているわ。

これは、ウイルスが人から人へと感染する形に進化しつつあると考えていいと思うわ。

感染する経路は、接触感染もしくは飛沫感染だと考えられているけれど、今のところはっきりと分かっていないわ。

 

今の世の中、世界のどこかで流行った病気に日本人が感染する可能性は十分考えられるわ。

厚生労働省は検閲を強化すると発表したわ。

でも、どんなに検閲を強化しても、渡航する人がMERSに感染するリスクを理解して、感染を予防し、検閲に協力しなければ、感染を防ぐことはできないわ。

MERSにかからないようにするには?

 感染症の予防は、どんな病気でも基本は同じよ。

 

  • うがい
  • 手洗い
  • マスク

外出から帰ってきたらうがいや手洗いをすること。食事の前には手洗いをすること。外出時はマスクをすること。

そのうえで、できることなら人込みを避けることも有効よ。

 

もしMERSにかかったら?

MERSにかかる可能性は今のところ

 

  • 感染が確認されている地域への渡航、滞在
  • MERS感染者との接触
  • ヒトコブラクダとの濃厚な接触

と考えられるわ。14日以内に心当たりのあることがあって、38度以上の発熱がある場合は、医療機関を受診する必要があるわ。

この時は、受診したい医療機関に連絡を取って、自分が感染しているかもしれないということを伝えて。そしたら、どういう行動をとったらいいのかを教えてもらえるわ。

 

<関連記事>

 

komakosensei.hatenablog.com

 

   

 

komakosensei.hatenablog.com