読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

あなたの肩こりは大丈夫?肩こりに間違われやすい骨や神経の病気

肩こり

 こんにちは、Dr.komakoです。

肩こりで困っている女性は、とても多いわ。

大抵は、筋肉のコリが原因の肩こりだけれど、中にはそうではないものがあるの。

ただの肩こりだと思っていたら、骨や筋肉に異常があるサインだったって言う事があるわ。

あなたの肩こりは、大丈夫?

 

骨や神経の病気が原因の肩こり

 肩こりの症状に、深刻な病気が隠れていることがあるのよ。

 入浴やマッサージではなかなか肩こりが治らなくて、症状が日に日に悪化していく、腕や肩以外のしびれや、走るような痛みを感じるなどの症状がある場合は、骨や神経の病気が隠れている可能性があるわ。

 このような症状があって、改善しない場合は、整形外科を受診してね。

 

 

■肩こりと間違われやすい病気

● 変形性頸椎症

 首は頸椎という七つの骨でできているの。骨と骨の間には椎間板と呼ばれるクッションのようなものがあるわ。お年を召すと、椎間板の水分が減って固くなってしまうの。そうすると、頸椎の関節が変形を起こしてしまうのよ。

 その結果、肩こりや背中の痛みなどの症状が起こるの。

 変形性頸椎症が悪化すると、頸椎症性脊髄症や頸椎症性神経根症になる可能性があるわ。

 頸椎症性脊髄症は、脊柱管の中の神経を圧迫して、手や足の動きに障害が出てくるの。

 頸椎症性神経根症は、脊髄から伸びる神経が圧迫されて手足のしびれや首の痛みを起こすわ。

 変形性頸椎症の治療法は、痛みを引き起こす動作をさけて、痛みが落ち着くまで安静にすること。痛みが治まったら首のまわりの筋肉を強化していってね。

 

● 頸椎椎間板ヘルニア

 頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の間にある椎間板が飛び出して、脊髄や神経根を圧迫することで起こる病気よ。

 圧迫する神経の場所や程度によってさまざまな症状が起こるわ。

 手足のしびれや痛み、手が動きづらい、足がもつれるなど、筋肉の麻痺による運動障害がおこることもあるの。

 痛みが強いときはは頸椎カラーで保護し、鎮痛剤などで痛みを取り除いて。

 歩行障害など日常生活に支障がある場合は手術が行われることもあるわ。


● 肩関節周囲炎(五十肩)

f:id:komakosensei:20150302221608j:plain


 肩の関節はとても不安定で、関節の構成や腕の動きを靭帯や筋肉が支えているの。

 この肩関節を構成する骨や靭帯、筋肉のどれかが老化によって炎症を起こした状態が肩関節周囲炎よ。

 運動や着替えなどの日常の動作で痛みがおこるから、動作が難しくなって不便ね。夜間の痛みがひどいから、不眠の原因にもなることもあるわ。

 痛みの強い時は安静にして、鎮痛剤などで痛みを取り除くといいわ。痛みが軽くなったら、肩関節のまわりの筋肉を強化してね。


● 胸郭出口症候群
 胸郭出口症候群は、腕神経叢と呼ばれる神経と血管の束が、筋肉や骨によって圧迫されて、様々な症状を引き起こすのよ。

 腕神経叢は腕や肩まわりの運動や感覚をつかさどる神経なの。胸郭出口症候群になると、腕や肩の痛みやしびれ、肘から小指にかけてのしびれや握力の低下など、多彩な症状が起こるわ。

 胸郭出口症候群の原因は、なで肩、重いものを持ち上げる仕事を続けている、重いリュックを日常的に下げているなどが多いわね。

 安静が一番の治療よ。症状が軽くなったら肩をすくめた姿勢を繰り返して、僧帽筋と肩甲挙筋を鍛えるといいわよ。

 

   

 

テニススクール倉敷総社津山高梁/●リンク/布団セット/西友/