読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

花粉症の治療薬|アレルギー性鼻炎に効くのはどの薬?

こんにちは、Dr.komakoです。

 

花粉症の症状である鼻水や鼻づまりは、アレルギー性鼻炎の症状よ。アレルギー性鼻炎に効果を発揮する薬はとてもたくさんあるけれど、どのように選んだらいいのかしら?

 

花粉症の治療薬|アレルギー性鼻炎に効くのはどの薬?

f:id:komakosensei:20160111112115j:plain

抗ヒスタミン薬の選び方

抗ヒスタミン薬は昔から花粉症の治療に使われてきたお薬よ。眠気や口の渇きといった副作用が強いのが難点だったの。

 

抗ヒスタミン薬でも、第2世代抗ヒスタミン薬は眠気を起こしにくく、アレルギー反応を抑える即効性があり、効果が持続してくれるの。たくさん種類があって、それぞれ効果の現れ方に特徴があるわ。

 

  • アレグラ:最も眠気を起こしにくいが効果があらわれるまで数日かかる。
  • タリオン:副作用が少なく即効性があり、鼻づまりにも効果的。
  • アレジオン:ジェネリック医薬品や市販薬としても販売されている。アレルギーに関する化学伝達物質を抑える作用もある。
  • ジルテック:即効性と持続性があるが、眠気が起きやすい。
  • アレロック:鼻づまりに効果がある。子どもでも服用できる。
  • ザイザル:即効性と持続性があり、1日1回~2回の服用で効果を発揮する。
  • クラリチン:即効性があり、眠気が起きにくい。

化学伝達物質(ケミカルメディエーター)遊離抑制薬は症状が出る前に

花粉症の症状は、鼻の粘膜に花粉が付いた刺激で放出される化学伝達物質によって引き起こされるの。化学伝達物質遊離抑制剤は、花粉の刺激を受けても化学伝達物質が放出されないようにするお薬よ。

 

副作用が少なくて、効果も高いお薬だけど、効果を発揮するまで2週間かかるの。花粉が飛び始める半月前には服用を始める必要があるわ。

 

  • リザベン:錠剤で、眠気や口渇などの副作用がない。1日3回服用する。
  • アレギサール:錠剤でくしゃみ、鼻水、鼻づまりに効果がある。1日2回服用する。
  • ソルファ点鼻薬:ヒスタミンの働きを抑え、くしゃみや鼻水を予防する。1日3~6回1噴霧ずつ吸入する。
  • インタール点鼻薬:化学伝達物質の放出を抑え、くしゃみと鼻水などの症状を改善する。起床時から日中は3時間ごと及び就寝前に1噴霧ずつ吸入する。

鼻づまりを抑えるなら抗ロイコトリエン薬

鼻づまりをおこすのは、ロイコトリエンや、プロスタグランディン、トロンボキサンなどの物質が関わっているの。これらの物質の作用を抑えることで、鼻の粘膜の炎症を抑え、鼻づまりを緩和してくれるお薬よ。

 

シングレア:ロイコトリエンの働きを強力に抑えて鼻水と鼻づまりの症状を緩和する。1日1回服用する。

オノン:鼻づまりを緩和してくれる。1日2回服用する。

バイナス:鼻づまりに効果がある。眠気や口の渇きなどの副作用が少ない。1日2回服用する。

 

症状がひどい人はステロイド薬

ステロイド薬は副腎皮質ホルモンを人工的に作ったもので、免疫機能を押さえたり、炎症を抑えるのに強い効果を発揮するの。免疫機能を抑えることによってアレルギー症状を緩和することができるわ。

 

内服薬は即効性があり、効果も強いけれど、副作用の心配もあるの。抗アレルギー薬で症状が緩和されない時に使われるけど、必ずお医者さんの指示通りに服用してね。

 

てんび薬などの局所ステロイドは副作用の心配は少ないわ。ひどい鼻づまりにはステロイド薬は効果的よ。

 

  • セレスタミン:ステロイドと抗ヒスタミン剤が配合されている。症状のひどい時のみ服用する。長期間の服用は好ましくない。用法・用量は医師の指示通りに。
  • アラミスト:鼻噴霧用ステロイド薬で、鼻づまりの強い時に処方される。2噴霧を1日1回吸入する。

 

【第2類医薬品】アレジオン10 12錠

【第2類医薬品】アレジオン10 12錠

 

 スポンサードリンク

   

あなたにおすすめの記事

花粉症の4大症状とは? 

花粉症が起こる時期と原因になる植物 

花粉症が起こるメカニズム 

花粉症の治療薬|アレルギー性鼻炎に効くのはどの薬? 

花粉症の目の症状に効く点眼薬はどれ? 

花粉をブロックするお掃除テクニック! 

花粉症予防グッズの効果的な使い方 

花粉症に効くお茶ランキング! 

花粉症は腸内環境を整えて予防する!