読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

おりものは女性の体を守る大切なもの

婦人科の病気

こんにちは、Dr.komakoです。

 

おりものは下着が汚れるし、臭いが気になるし、あまりうれしくない存在よね。なんでこんなものがあるのかしらって思わない?

 

おりものは、女性の体を守ってくれる、大切なものなのよ。

 

おりものは女性の体を守る大切なもの

f:id:komakosensei:20150617221002j:plain

おりものとは?

おりものは、女性の性器のさまざまな部分から分泌される分泌液の事よ。分泌液には、子宮内膜や子宮頸管から分泌される粘液、膣の壁から剥がれた古い細胞、外陰部の皮脂腺などがあるわ。

おりものの役割

膣内の清潔を守る

おりものは不潔なものだと思っている人もいるけれど、実は膣内の清潔や健康を守っているのよ。おりものによって、膣内は弱酸性に保たれているの。弱酸性に保たれることによって、雑菌の繁殖や病原菌の侵入を防いでいるのよ。

 

おりものの臭いが気になるからと言って、頻繁に膣内の洗浄を行うと、膣内の酸性度がくるってしまって雑菌が繁殖しやすくなってしまうの。ビデで膣内を洗うのは、できるだけ控えたほうがいいわ。

妊娠の補助

排卵前になると、おりものが増えるし、どっろっとした白っぽいおりものが出てくるでしょう?これは、精子が子宮内に入りやすいようにしているのよ。おりものは、生理周期に合わせて量や形状を変えて、妊娠を手助けしているの。

月経によるおりものの変化

おりものの状態は、月経のサイクルによって変化していくものなのよ。

月経終了後はおりものはいったん少なくなるわ。排卵が起こるとどろっとした白い粘液が増えて妊娠しやすい状態をつくるの。月経の直前はおりものの量が増えて、臭いもきつくなるわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

年齢によるおりものの変化

おりものは、年齢によっても変化するわ。女性ホルモンの分泌が少ない10代の女性はまだおりものの量が少ないわ。

 

ホルモンの分泌量がピークを迎える20代の女性はおりものの量は多いけど、臭いはそれほどきつくないの。30代半ばを過ぎて、新陳代謝が衰え始めると、臭いが強くなってくるわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 

年齢や月経周期を考慮しても、なんだかいつもと違う量や臭いのおりものが出るようであれば、何らかの病気が隠れているかもしれないわ。とくに、血液が混じるようなら要注意ね。

 

気になる時は、婦人科の病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク