読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

更年期障害とホルモン充填療法

更年期障害

 更年期障害とホルモン充填療法

こんにちは、Dr.komakoです。

今日は、更年期障害の治療で行われる、ホルモン充填療法について、少し詳しくお伝えするわね。

 

ホルモン充填療法というのは、減少したホルモンを補充し、ホルモンバランスを整えるための薬物治療のことよ。
ホルモン充填療法にはいろいろな種類があって、自分の体の調子やニーズによって治療を選択することがでるのよ。

 関連記事

更年期障害とは

更年期障害の症状 3つの辛い症状とは

更年期障害の3つの原因

更年期障害の診断

更年期障害とホルモン充填療法

プレ更年期障害の原因と症状、その治療の仕方

若年性更年期障害の原因と症状、その治療の仕方

男性の更年期障害の原因と症状、その治療の仕方

辛い更年期障害を乗り切る3つの方法

自律神経症状を和らげる温熱療法 効果的に行う方法とおすすめグッズをご紹介します。

 
 

■ホルモン充填療法の効果

f:id:komakosensei:20150118185622j:plain


ホルモン充填療法によって次のような効果が期待できます。

 

  • ホットフラッシュ(のぼせやほてり)の改善
  • 自律神経系の症状の緩和
  • 生殖器の委縮や渇きによる性交痛の緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • 不眠の改善
  • 脂質代謝異常の予防

■ホルモン充填療法の治療期間


のぼせやほてりなど、とにかく自律神経症状を改善したいっていう場合は、服用期間は8週間程度よ。ただし、服用を終了すると症状が再発する可能性もるわ。


性交痛を何とかしたいときや、骨粗鬆症、動脈硬化の予防のためには最低5年程度服用を続ける必要があるわ。

その後は、副作用などの問題がなければ服用期間を伸ばしていけるわ。一生涯飲み続けることもできるわよ。

 

■ホルモン充填療法の種類

f:id:komakosensei:20150118185733j:plain


ホルモン剤には、エストロゲン単剤、プロゲステロン単剤、エストロゲンとプロゲステロンの複合剤があるわ。
薬の形態には、飲み薬とパッチなどの貼り薬、塗り薬があるの。


飲み薬は確実な効果があるけれど、胃や肝臓に負担をかける心配があるわ。
貼り薬や塗り薬は皮膚から直接血管に吸収されるから、胃や肝臓など内臓の負担にはならないけれど、皮膚のかぶれやかゆみを起こす可能性があるわね。

 

■ホルモン充填療法の選択の仕方


ホルモン充填療法には、周期的投与法と持続的投与法があるわ。


●周期的投与法には、二つの種類があります。

 

  1. 間欠法:主に閉経前後の女性に用いられる方法よ。更年期障害の症状が軽い場合は、エストロゲンを21日間服用して、エストロゲン服用開始12日目からプロゲステロンの服用を10日間行うの。休薬期間に生理のような出血があるわ。
  2. 持続法:主に閉経前後の女性に用いられるのだけど、更年期障害の症状が重い場合に選ばれる方法ね。エストロゲンを服用し続けて、毎月10~14日間プロゲステロンを服用するの。プロゲステロン服用終了後、生理のような出血があるけれど、まれに出血が無い場合もあるわ。
●持続的投与法には、三つの種類があります。

 

  1. 持続的併用法:閉経後しばらくたっている女性や、生理用の出血を望まない女性に選らばれる方法よ。エストロゲンとプロゲステロンを毎日服用するの。服用を始めて3~6か月は不正出血があるけれど、そのうちになくなるわ。
  2. 持続的単独法:がんなどで子宮を摘出した女性には、エストロゲンだけが処方されるわ。
  3. 卵胞ホルモンパッチ法:エストロゲンを含むホルモンパッチ剤を腹部に貼りつける方法よ。毎日一枚ずつ張り替えてね。内臓に負担がかからないけれど、皮膚のかぶれやかゆみを起こすことがあるわ。

 

■ホルモン充填療法と副作用

f:id:komakosensei:20150118172959j:plain


ホルモン充填療法の副作用には、不正出血、吐き気、胃もむかつき、乳房の張り、子宮筋腫の悪化などがあるわ。

でもね、薬剤の量や種類を調節することで、副作用を軽くすることはできるわ。
ホルモン充填療法を行うと子宮内膜が増殖して、子宮体がんの発生リスクが高くなるという報告があるわ。

でも心配しないで。エストロゲンとプロゲステロンを同時に服用すると、子宮体がんの発生リスクを抑えることができるわ。
乳がんが増えるという報告もあるけれど、最近の研究によって、発生リスクは1万人につき3人という報告もあるし、乳がんの発生リスクの増加は気にしなくてもいいと思うわよ。

スポンサードリンク

   

 

更年期障害の症状って?詳しくはこちらへ。

 

更年期障害はどうして起こるの?更年期障害の原因はこちらへ。

 

更年期障害かな?とおもったら、更年期障害の診断はこちらへ。

 

ホルモン充填療法以外の治療法は?更年期障害の治療についてはこちらへ。