読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは

こんにちは、Dr.komakoです。

 

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるのは皮膚表面で繰り広げられるアレルギー反応の為なの。IgE(免疫グロブリンE)とヒスタミンによって皮膚のかゆみが起こるのよ。

 

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは

f:id:komakosensei:20151025085033j:plain

IgE(免疫グロブリンE)とは

IgE(免疫グロブリンE)というのはアレルギー抗体と呼ばれるたんぱく質の1種なの。

 

身体は有害なものが体に入り込んだ時に有害な物質から体を守ろうとするわ。免疫反応と言って、身体の健康を守るためにとても大切なシステムなの。たとえば、インフルエンザの予防接種は発症しないくらい弱くした病原菌を体に取り入れることで抗体を作っておくの。抗体があるとウイルスが体に入ってきてもすぐに排除することができるわ。

 

でも時に、身体は有害ではないものを有害だと勘違いしてしまうことがあるわ。花粉やダニ、玉子などの特定の食品を有害たと認識してその物質に対する抗体を作ってしまうの。このときにつくられる抗体がIgEなの。IgEはスギ花粉にはスギ花粉のIgEといったようにそれぞれの物質に特定の形で存在することになるわ。

ヒスタミンとは

ヒスタミンは普段は脂肪細胞などに蓄えられている物質で、炎症反応を起こして体を守ろうとする物質なの。身体の損傷がある時にはヒスタミンの働きはとても重要よ。

皮膚のかゆみが起こるメカニズム

身体にアレルゲンとなる物質が入り込むと、免疫細胞の一つであるβ細胞の指令を受けてIgEが作られるわ。IgEは肥満細胞に働きかけてヒスタミンを放出させるの。ヒスタミンは炎症反応を起こして体を修復させようとするわ。でもアレルギー反応はもともと体にとって無害なものに対する反応だから、修復するべき身体の損傷はなくてヒスタミンが活躍する場所は無いの。過剰なヒスタミンの働きが皮膚の表面で起こると、皮膚の乾燥やかゆみを引き起こしてしまうわ。炎症反応が鼻で起こると鼻水がでるし、目で起こるとかゆみや充血が起こるわ。

では、かゆみが起こった時の対処方法は?こたえはこちらの記事に書いています。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 

スポンサードリンク

 

   

お勧めの記事

アトピー性皮膚炎ってどんな病気? 

アトピー性皮膚炎とアトピー素因 

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは 

アトピー性皮膚炎の2つの原因 

アトピー性皮膚炎の症状 

アトピー性皮膚炎の合併症 

アトピー性皮膚炎のいろいろな治療法のまとめ 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治し方 

小児アトピー性皮膚炎の治し方 

大人のアトピー性皮膚炎の治療 

アトピー性皮膚炎の再発 

アトピー性皮膚炎|皮膚のかゆみの対処法 

アトピー性皮膚炎でもメイクを楽しむための記事のまとめ