読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

アトピー性皮膚炎

こんにちは、Dr.komakoです。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚の失神や炎症が繰り返し起こる皮膚の病気よ。乳幼児に発症して症状を繰り返すわ。最近は大人になってから発症したり、いったん治っていたのに大人になってから再発する人も増えているわ。

 

アトピー性皮膚炎ってどんな病気?

f:id:komakosensei:20151018165021j:plain

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は皮膚にかゆみを伴う湿疹がなどの症状が繰り返し現れる慢性化しやすい病気なの。患者さんのほとんどは、「アトピー素因」という体質を持っているの。アトピー素因かどうかは、家族や本人がアレルギー疾患(気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎)にかかったことがあるか、IgE (免疫グロブリンE)を賛成しやすい体質かどうかを調べると話かかるの。

 

アトピー性皮膚炎は乳幼児期に発症することが多いわ。生後2~3か月くらいから、ぽつぽつと湿疹があらわれてくるの。患者さんのうちの8割は5歳までに発症するけれど、最近は大人になってから発症する人も増えているわ。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は皮膚の外側の刺激に対して皮膚の内側が過剰反応を起こして症状を起こすの。アトピー性皮膚炎の人はセラミドが少なくて、角質層がもろいの。外部の刺激に反応しやすくて、ちょっとした刺激でもかゆみを起こしてしまうの。

 

アトピー性皮膚炎の人の8割はアトピー素因というアレルギー体質を持っているわ。アレルギー体質の人の免疫構造は無害なものも有害ととらえて過剰に排除しようとするの。アトピー性皮膚炎ではこのアレルギー反応が皮膚で起こるのよ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎ではかゆみを伴った湿疹があらわれるわ。湿疹には急性期と慢性期があるの。

  • 急性期の皮膚の特徴:紅斑・湿潤性紅斑・丘疹・漿液性皮疹・鱗屑・痂皮
  • 慢性期の皮膚の特徴:湿潤性紅斑・苔癬化・鱗屑・痂皮・色素沈着・色素脱出

症状の現れ方は、年齢によっても変わってくるわ。2歳未満では、口の間w理や頬に紅斑や丘疹があらわれて、皮膚はじくじくしているの。そして次第に屈曲部と呼ばれる首・ひざ裏・肘裏・手首・足首に皮疹ができてくるわ。

 

2歳を過ぎると、体全体に皮疹があらわれて、皮膚は乾燥してくるの。思春期を過ぎると、症状は上半身に強く現れるようになるわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療では、保湿が最も重要な治療になるわ。皮膚のバリア機能を保湿外用薬で補うの。かゆみや炎症にはステロイド剤やタクロリムス外用薬、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を使って治療を行うの。

 

治療方針の立て方は、患者さんの年齢によって変わってくるわ。アトピー性皮膚炎の治療は長い期間かかるけれど、お医者さんとの信頼関係を大切にして、その時々にあった治療を行っていきましょう。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

スポンサードリンク

   

 

お勧めの記事

アトピー性皮膚炎ってどんな病気? 

アトピー性皮膚炎とアトピー素因 

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは 

アトピー性皮膚炎の2つの原因 

アトピー性皮膚炎の症状 

アトピー性皮膚炎の合併症 

アトピー性皮膚炎のいろいろな治療法のまとめ 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治し方 

小児アトピー性皮膚炎の治し方 

大人のアトピー性皮膚炎の治療 

アトピー性皮膚炎の再発 

アトピー性皮膚炎|皮膚のかゆみの対処法 

アトピー性皮膚炎でもメイクを楽しむための記事のまとめ