読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

ニキビを予防するための3つの方法

ニキビを予防するための3つの方法

 

こんにちは、Dr.komakoです。

ニキビは肌トラブルの代表選手よね。

できれば、作りたくないと思わない?

 

ニキビ予防は、決して難しいことではないわ。

日常の生活習慣を少し気を付けだけで、ニキビができるのを防ぐことができるわ。日常的な肌のお手入れの仕方、生活習慣、ストレスコントロールが重要なポイントよ。

 

 

ニキビを予防するためのスキンケア

f:id:komakosensei:20150223220531j:plain

  • クレンジングファンデーションで毛穴をふさでいる状態が続くと、毛穴に皮脂がたまって、ニキビができやすくなるの。帰宅後は、できるだけ早くメイクを落としてね。メイクを落とすときには、ごしごしこすらないで。クレンジングを優しくなじませて落とすようにしてね。
  • 洗顔:洗顔で古い角質を落とすと、角栓による皮脂のつまりを予防できるわ。でも、過剰な回数の洗顔や、ごしごしと肌をこする洗顔は逆効果よ。洗顔は、1日2回で充分。洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で汚れを包み込むようなイメージで洗うの。洗顔料の泡が肌に残っていると肌トラブルの原因となるから、時間をかけてしっかりと泡を落としてね。
  • 洗顔後のケア:化粧水で水分を補うと、角質を潤して乾燥を防ぐことができるからニキビ予防に有効よ。化粧水をつけただけでは、化粧水が蒸発してかえって肌が乾燥してしまうわ。化粧水の後には乳液やクリームをつける必要があるけど、つけすぎは禁物よ。
  • メイク:ファンデーションは毛穴を防いでしまうけど、しっかりとクレンジングで落とすことができていれば、紫外線やほこりから肌を守る効果があってニキビを防ぐ効果が期待できるわ。ニキビ肌には、オイルフリーの化粧品がお勧めよ。アイメイクなどのポイントメイクを上手に使うと、ニキビから視線をそらすことができるわ。ニキビに負けないで、おしゃれなメイクを楽しんで。

 

ニキビを予防する生活習慣

f:id:komakosensei:20150223220817j:plain

  • バランスのとれた食事:肉や揚げ物など脂質の多い食事は、肌の脂質を増やすし、活性酸素を発生させるから、ニキビの原因になるわ。肌の粘膜を強くするビタミンA、肌のきめを整え、ハリを作るビタミンC、若返りのビタミンと呼ばれているビタミンEはニキビ予防に有効よ。ビタミン類は野菜に含まれているわ。偏りのない、バランスのとれた食事をとると、ビタミンやミネラルがスムーズに働いて、美肌効果が期待できるわ。
  • 髪型:ニキビが気になる時は、フェイスラインにできるだけ髪が触れないようにしたほうがいいわ。
  • 清潔を保つ:入浴やシャワーで、顔だけでなく体全体の清潔を保ってね。

 

ニキビを予防するストレスコントロール

f:id:komakosensei:20150223221211j:plain

  • ストレスを和らげる:ストレスを忘れる時間を持つ、趣味を楽しむ時間を持つ、運動をするといったことで、ストレスにとらわれすぎない生活を心がけてね。
  • 睡眠をとる:十分な睡眠をとることは、疲労を取り、ストレスの発散にるわね。

 アロマの安眠効果は抜群よ。詳しくはこちらの記事を参考にしてね。

sleepwell.hatenadiary.jp

スポンサードリンク

   

 

komakosensei.hatenablog.com

 

関連記事
にきびって何?女性の天敵で肌トラブルの代名詞「にきび」の正体とは?

にきびはどうやってできるの?にきびができて悪化していくプロセスとは?皮膚科に行くタイミングは?

ニキビの原因って何?年齢によって変わるニキビの原因

ニキビができやすい場所 ニキビができる場所によって原因が違うって本当?

種類によって変わるニキビの重症度と治療法

ニキビになりやすい肌質ってあるの?ニキビになりやすい4つの肌質

ニキビは身体にもできる?ニキビができやすい身体の場所ベスト3

ニキビ跡の5つの種類と治療法

自宅でできるニキビ跡の治し方

ニキビを予防するための3つの方法

肌の構造と必要なスキンケア

肌が本当に必要としている洗顔料ベスト5

肌が本当に必要としている化粧水ベスト5

肌が本当に必要としている美容液ベスト5

日焼け止めの正しい選び方と使い方