読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

乳癌と遺伝の関係は?

こんにちは、Dr.komakoです。

乳癌は、40代から増え始めて、女性の16人に1人がかかるといわれているとても怖い病気よ。他人事だと思わないで、定期的に婦人科検診を受けて早期発見を心がけてほしいの。

 

乳癌と遺伝

 

乳がんと遺伝子

f:id:komakosensei:20150308221203j:plain


乳癌の発症に遺伝子が深く関係している事が分かってきたわ。乳癌を引き起こす遺伝子は、とてもたくさんあって、遺伝子を持っているだけで発症のリスクは高くなるのよ。


家族に卵巣がんや乳がんを患った人がいるのなら、自分もその遺伝子を持っていると考えて、警戒しておいた方がいいわ。

 

HBOCとは

HBOCとというのは、遺伝性の乳がん・卵巣がん症候群の事なの。


乳癌と卵巣がんは、全体の5~10%がこの遺伝性の癌だといわれているわ。このがんは、性別には関係しないの。男性でも、乳がんにかかることがあるのよ。

 

乳癌遺伝子チェックリスト


あなたがHBOCなのかどうかは、このチェックリストをしてみたらわかるわ。

□ 40歳未満で乳がんを発症した血縁者がいる
□ 年齢を問わず、卵巣がんになった血縁者がいる
□ 年齢を問わず、血縁者に原発乳がんを2個以上発症した人がいる
□ 血縁者に男性乳がんになった人がいる
□ 乳がんになった血縁者が自分を含め3人以上いる
□ BRCAという遺伝性乳がんの遺伝子変異が確認された血縁者がいる
□ 抗がん薬、分子標的薬、ホルモン療法薬のいずれもの治療が難しい(トリプルネガティブ)といわれた乳がんの血縁者がいる

 

父方、母方問わず、このチェックリストの内のいずれか一つに該当するのなら、HBOCの可能性があるわ。


当てはまった人は、乳腺外来で相談してみてね。

 

BRCAの恐怖


BRCAというのは、乳がんを発症する遺伝子の一つなの。


アンジェリーナ・ジョリーが乳房切除したニュースを覚えている?彼女も、遺伝子検査でこの遺伝子が見つかったのよね。


BRCAの遺伝子を持つ人は、乳がんにかかる可能性がそうではない人に比べて高くなるの。発症年齢も低くなって、50歳までにかかる確率は16~25倍、70歳までにかかる確率は8~12倍になるといわれているの。


この遺伝子を持っていると、両方の乳房に癌ができることが多くなるわ。それに、進行もとても速くなって、たった2㎜の癌が、1年で2~3㎝まで大きくなるの。


アンジェリーナは欧米人だから日本人とは事情が違うんじゃないかと思う人もいるかしら?


そんなことはないのよ。日本人にだって、欧米人と同じ確率でこの遺伝子を持っているのよ。

 

 乳がんの遺伝子検査を受ける方法

 

f:id:komakosensei:20150308221511j:plain


では、アンジェリーナみたいに遺伝子検査を受けたらいいじゃない、と思う人もいるわよね?


でも、遺伝子検査って、とてもお金がかかるし、検査についてよく知っていないと、受けてから後悔することもあるわ。まず、遺伝子カウンセリングというものを受けてみて。「遺伝診療部」や「遺伝外来」を行っている医療機関で、カウンセリングをしてもらえるわ。費用は大体5000円くらいよ。

 

遺伝子検査を受ける前に、自分がもしその遺伝子を持っていたら、ということを想像してみて。癌にかかるかもしれない、というリスクに直面することになるわ。


アンジェリーナみたいに、乳房を切除して再建するなんて、一般の人にはあまり現実的な方法ではないもの。


遺伝子検査を受けるには、20万円から30万円の費用が必要になるわ。
私だったら、定期的な健診をその費用に充てるけど…。

 

忙しくて病院に行く暇のない方へ。自宅で簡単ガン検査キットはコチラ!

 

 

komakosensei.hatenablog.com

 スポンサードリンク

   

 

関連記事

がん保険は必要?乳がんの症例を通じて医療保険とがん保険を比較してみました

乳がん治療 ブラジャーの選び方

がんを治す食事 がんを消すための食事療法9か条

乳がんってどんな病気?

乳がんの気になる症状とは?

乳がんと遺伝の関係は?

乳がんの原因ってなに?

乳がんの進行度

乳がんの4つの治療法

乳がんの手術:種類と選択の仕方

乳がんと乳房の再建

乳がんと放射線治療

乳がんと化学治療

ホルモン依存性乳癌とホルモン療法

乳がんの進行と生存率

乳がんを予防する生活習慣とは

乳がんの治療中の生活と副作用との付き合い方

乳がん検診はどうやって受けたらいいの?