読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アトピー性皮膚炎と闘うための記事のまとめ

こんにちは、Dr.komakoです。

 

アトピー性皮膚炎は子供の時に発症し、再発を繰り返す皮膚の病気よ。最近は、子供だけではなく、大人になってから症状があらわれることの増えてきているわ。アトピー性皮膚炎は正しい治療を続けると、大体は良い方向へ向かっていくものよ。正しい知識を持って、アトピー性皮膚炎に立ち向かっていきましょう。

 

アトピー性皮膚炎と闘うための記事のまとめ

f:id:komakosensei:20151123212258j:plain

 

アトピー性皮膚炎を疑うような、強いかゆみを伴う湿疹が肌に現れたら、できるだけ早く皮膚科の病院へ行きましょう。病院では、症状がいつ現れたのか、自分自身に他にアレルギー性の症状がないか、家族にアレルギー疾患を持っている人がいないかを聞かれるわ。皮膚の状態、アレルギーの有無を問診と血液検査で調べ、アトピー性皮膚炎の診断をするの。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎の皮膚の状態は重症度で分類されるの。皮膚の状態によって、使う薬の種類が変わってくるのよ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応によって症状が引き起こされることが多いの。でも、アレルギー体質ではない人でも、アトピー性皮膚炎にかかることはあるわ。アトピー性皮膚炎の原因になるのが、アトピー性ドライスキンよ。

 

komakosensei.hatenablog.com

アトピー性皮膚炎の8割の人が、アトピー素因というアレルギー体質であるということが分かっているの。アトピー素因かどうかは、家族がアレルギー体質であるというような、遺伝的な素因の有無と、血液検査によって調べることができるわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 アトピー性皮膚炎の症状は、炎症やかゆみの強い急性期と、症状が治まってきた慢性期に分類されるわ。症状の現れ方は、年齢によっても変わってくるの。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎の症状で最もつらいのが強いかゆみよね。かゆみを起こしているのは、IgE(免疫グロブリンE)とヒスタミンよ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 でも、かゆいからって肌をかいてはいけないわ。強いかゆみに襲われたときは、冷やしたり、他の事に集中してかゆみから意識をそらすといいわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎の治療は、保湿とステロイド外用薬などの薬の治療、かゆみをおこす因子を取り除く環境整備よ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 治療法は年齢によっても変わってくるわ。赤ちゃんのうちは治療効果が出やすいの。ステロイド外用薬には抵抗があると思うけど、弱い薬を使うから心配はいらないわよ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 子供のアトピー性皮膚炎は年齢が上がるにつれて症状の現れ方が変わってくるわ。学校へ行くようになると、学校生活でのストレスが原因で症状があらわれることがあるの。

 

komakosensei.hatenablog.com

 最近は、一度治ったアトピー性皮膚炎が大人になってからぶり返したり、大人になって発症するケースが増えているわ。大人のアトピー性皮膚炎は顔に症状が現れやすくて、重症化するケースも多いわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎は、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返すことが多いの。でも、根気よく治療を続けていれば、きっと症状は改善していくわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 アトピー性皮膚炎の完治は、症状があらわれなくなった、時々症状があらわれても、重症化せずにコントロールできる状態だと考えていいわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 さあ、アトピー性皮膚炎が落ち着いたら、メイクをしてお出かけしましょう!!

 

komakosensei.hatenablog.com

 スポンサードリンク