読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

アトピー性皮膚炎とプロトピック軟膏薬の効果

アトピー性皮膚炎

こんにちは、Dr.komakoです。

 

アトピー性皮膚炎の赤ら顔の治療はステロイド外用薬での治療が難しく、「難治性赤ら顔」と呼ばれていたわ。プロトピック軟膏は顔や首など皮膚が薄く薬の吸収率が高い場所でも副作用の心配なく使い続けることができるの。赤ら顔の症状は劇的に改善するようになってきたわ。

 

アトピー性皮膚炎とプロトピック軟膏薬の効果

f:id:komakosensei:20151101183336j:plain

プロトピック軟膏の効果

アトピー性皮膚炎で顔や首に症状がある時にも、ステロイド外用薬は効果を発揮するわ。でも、首や顔の皮膚は薄くて、吸収率が高いから強い薬を使うことができないし、血管の拡張などの副作用を起こしやすいの。顔だけに、副作用を起こさないように治療は慎重になるわ。

 

プロトピック軟膏は、日本の製薬会社が開発した免疫抑制剤なの。アレルギー性の炎症に関わるT細胞という免疫細胞の働きを抑え、炎症を抑えてくれるの。炎症を抑える作用は、実はステロイド外用薬よりも高いの。でも、皮膚からの吸収率が低いから、即効性に欠けるわ。顔や首などの皮膚の薄い部分は薬の吸収率がいいから効果を発揮しやすいの。副作用の心配もないから、長期間続けて使うことができるわ。

プロトピック軟膏の適量

プロトピック軟膏の適用量は体重10㎏当たり1日1gを2回までと決められているの。体重50gの人は、5gの軟膏を1日2回塗れるわね。軟膏の分量は、大人の人差し指の先から第一関節までの長さで0.5gよ。0.5gを、大人の手のひら2枚分に伸ばして使ってね。

プロトピック軟膏の副作用

プロトピック軟膏は免疫抑制作用があり、ニキビや皮膚の感染症を起こす可能性があるの。でも、プロトピック軟膏の使用量はとても少ないから、副作用が起こることはとてもまれなことよ。

プロトピック軟膏の注意点

プロトピック軟膏は、皮膚に刺激を起こしてしまうの。塗った時のヒリヒリ感がひどいから、炎症がとてもひどい時には使うことができないわ。急性期の症状にはステロイド外用薬を使って、症状がある程度治まってからプロトピック軟膏を使うといいわ。

 

プロトピック軟膏を使っているときは、できるだけ紫外線に当たらないようにしてね。外出するときは帽子や日傘、手袋などで日差しを避けるようにしてね。屋外でレジャーを楽しむときは、その日だけ塗らないようにしてね。

 

また、妊娠中や授乳中の女性と2歳未満の子供、紫外線療法を行っている人はプロトピック軟膏を使うことができません。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

スポンサードリンク

   

 

 お勧めの記事

アトピー性皮膚炎ってどんな病気? 

アトピー性皮膚炎とアトピー素因 

アトピー性皮膚炎で皮膚のかゆみが起こるメカニズムとは 

アトピー性皮膚炎の2つの原因 

アトピー性皮膚炎の症状 

アトピー性皮膚炎の合併症 

アトピー性皮膚炎のいろいろな治療法のまとめ 

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治し方 

小児アトピー性皮膚炎の治し方 

大人のアトピー性皮膚炎の治療 

アトピー性皮膚炎の再発 

アトピー性皮膚炎|皮膚のかゆみの対処法 

アトピー性皮膚炎でもメイクを楽しむための記事のまとめ