読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dr.komakoのおんなのよろず診療所

komako先生が女性の心と体の不調を解決します。

身体の平衡機能検査

こんにちは、Dr.komakoです。

 

身体の平衡機能検査は、身体の平衡を保つ機能が正常かどうかを調べる検査よ。めまいがあると、立っているだけでも体がふらふらするわ。いくつかの検査を行うことによって、耳からのめまいなのか、脳からのめまいなのか調べることができるの。

f:id:komakosensei:20150927170316j:plain

身体の平衡機能検査

直立検査(ロンベルグ検査)

直立検査には次の種類があるの。

  • 直立検査:両足をそろえて立つ。
  • マン検査:両足を一直線上にそろえて立つ
  • 片足起立検査:片方の足で立つ

いずれの検査も、開眼と閉眼の両方で、一つの動作につき30秒から1分行うわ。正常な人なら、目をあけていれば片足立ちでもなんとか30秒は姿勢を保つことができるのではないかしら。目を閉じたら視覚情報がなくなってふらつきやすくなるけれど、10秒くらいは片足立ちができると思うの。閉眼の片足立ちで10秒保てたら平衡感覚は正常と判断されるわ。

 

内耳に異常があると、目を閉じると強いふらつきが起こるの。特に、マン検査では障害のある方に体が傾いていくわ。脳に障害がある時は、目を開けていても閉じていてもふらつくの。

 

足踏み検査

目隠しをして、足を大きく上げてその場で50回足踏みをする検査なの。

 

正常な人は、それほど足の着地点はずれないから、足踏みをする位置がずれて行くことは無いわ。内耳に異常があると、病変のある側に移動していくの。90度以上回転したら、内耳の異常があると判定されるわ。脳に病変がある時は、前後左右に大きく位置がずれたり、足踏みのリズムが一定しないわ。

 

歩行検査

6メートルの直線を、開眼と閉眼の状態で前向きと後ろ向きに歩く検査なの。

 

内耳に異常があると、障害のある方に片寄って行くの。1m以上ずれたら内耳の異常と判断されるわ。脳に障害がある時は、ふらふらした歩き方になるのよ。

 

書字検査

手やひじをつけない状態で、縦に字を書くの。最初は眼をあけた状態で、次に目隠しをした状態で字を書くのよ。

 

内耳に異常がある時は、異常がある方に字が片寄って行くの。10度以上曲がった時は、内耳の異常があると判断されるわ。脳に異常がある時は、字体が崩れてくるの。

 

重心動揺検査

重心を検出する台に30秒くらい乗っている検査よ。

 

正常であればじっと立っている間はそれほど重心の異常はないわ。脳や内耳に異常があると重心は前後左右に大きく動揺するのよ。どの方向にどんなふうに動揺しているか解析すると、めまいが耳によるものか脳によるものかが分かるわ。

 

komakosensei.hatenablog.com

 

スポンサードリンク

   

 

あわせて読みたい記事

 

komakosensei.hatenablog.com

 

 お勧めの記事

めまいの原因は?あなたのめまいは耳から?脳から? 

めまいと吐き気が起こる病気 

回転性のめまいの原因|ぐるぐるまわるめまいの正体は? 

三半規管とめまいの関係 

めまいは何科の病院へ行けばいい? 

めまいの検査はどんなことをするの? 

目の平衡機能検査とは? 

身体の平衡機能検査 

めまいを起こす病気|メニエール病 

めまいを起こす病気|前庭神経炎 

良性発作性頭位めまい症 

命に関わる危険なめまいとは? 

ストレス性のめまい 

自律神経失調症とめまい 

めまいが起きたらどうしたらいい?突然のめまいの対処法について 

めまい体操をやってみましょう! 

めまい・耳鳴り・難聴の治療の進め方 

めまい・耳鳴り・難聴の薬 

耳鳴りの最新治療 

めまい・耳鳴り・難聴を楽にする生活習慣 

めまいの原因から対処法まで|めまいと闘う記事のまとめ